アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然農業」のブログ記事

みんなの「自然農業」ブログ


自然農園通信 12月号

2016/12/03 09:07
2016年12月

【冬のバイクはやっぱやめようか】

画像


高校の頃からバイクに乗っている。原付きを取ってすぐに大型を取った。昔はバイクの免許は段階がなく51cc以上は皆オートバイ免許一つだった。
排気量の大きなバイクになるほど高値になったので、自分の財布にあったものを購入して乗るというふうだった。
学生時代はアルバイトが収入の全てで長期休みを使ってお金を稼ぎ、自分の趣味に使ったものだ。だから20万以上の高価な買い物はそう簡単には買える物ではなかった。
ハーレーダビットソンのような大型バイクはその時分の学生は買えるわけもなく、今子育てを終えたその時代の中高齢者がやたらと大型バイクに乗り始めている。
男はいつまで経っても子供心を捨てられないのかもしれない。
自分は高価な大型パワーバイクに乗る気持ちにはなれない。
まあ、遊び方がちょっとそういう人とずれているからだろうし、何より貧乏性だから。

昨年まで冬に冷たい風を切ってバイクに乗りパンの配達に行くことも平気だったのが、今年はどういう訳か寒さに気持ちが勝てないでいる。冬用のバイクウェア−を着ることが先ず面倒になってしまった。
秋には今年こそバイク用のスパイクタイヤを購入して雪道でも乗り切ろうかと思っていたのに、歳って事かなぁ。
でも、忙しい日々を身体を壊さずに上手く過ごしきるには寒さは大敵なのだから、年相応に生活を変えて過ごしていくことも大事だろうか。

【オリジナル納豆売り始めます】

始めて無農薬有機大豆を食べたのは堀金村できんぴら工房を起こした時に出合った。
村内に住む友人のお母さんが作った大豆だった。粒ぞろいじゃなく選粒してない物なら安く売るよと言って貰って購入した。
煎って食べたらその美味しさにびっくりした。これは粉にしてパン生地に入れたら美味そうだと思った。茹でて食べたら又美味い。
甘みが強いと思った。
後で調べてみたら中仙成という豆は特に甘みの強い品種だという事が判った。
それにしても同じ中仙成を普段食べていたのにこれほど美味いと思えなかったのはどうしてなんだろうとお母さんに聞いてみると化学肥料で作ると味が薄いようだねと答えが返ってきた。
チッソ・リン・カリという物だけに頼っていたのではやはり成は良くても旨いものはできないんだなと若い僕は教えられたのだった。

無農薬ばかりではなく、有機農業に関心を持ち始めて安心と美味しいを意識しながら食を仕事としはじめた頃の話だ。
きんぴら工房はこうして始まった。

画像


この秋に収穫した旨い中仙成大豆を納豆に加工してから販売することにしました。
長い間納豆にして食べたいという思いは自分の中に有ったのだが、なかなか形にならなかった。パン屋から離れて始めて又1つ思いが叶い始めた。
多くの人に化学肥料を使わない多肥料でない自然農の中仙成の旨さを納豆でも味わって頂きたいと思います。

発売は12月下旬か来春となる予定で進めています。松本市アルプス市場と塩尻市木曽ならかわ市場と岡谷市カンビオに置かせて頂こうと思っています。
遠くの人はネットからも取り寄せ出来るようにこの秋に農園のホームページを作りましたので、そこからも購入出来るようになりました。どうぞご利用下さい。
http://kinpirasizennouen.jimdo.com/

きんぴら自然農園 お問い合わせ先
zouridaisuki@hotmail.co.jp
電話 080−8875−6097
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋窓から眺める風景又1つ。

2016/11/19 22:19
画像


秋の収穫時期を終えると一気に疲れが出る。
気が緩むのだろうか。
身体の痛みもしっかり身についたというか・・・とにかくさあこれからという気持ちが抜ける時期となるのだった。

窓から外を眺めると鶏小屋の向こうにオレンジ色に鈴なりに実った渋柿が目に入ってくる。
今年は成り年であちこちでこういった柿の木を見かける。

おや、鳥が群れをなしてやって来ている。
シジュウカラだろうか。

まだ熟しが始まっていないので直ぐに立ち去っていった。
今日もチェックと言うことだろう。

鳥たちは良いなと思う。
人間よりも自由なんだろうなと思う。
自分よりも自由なんだろうなと思う。

でも、秋になると群れになる約束は守っているようなので、それでも決まりの中の自由なのかもしれない。
山を越えて流れる雲たちも自由そうに見えるが、地球の摂理の中での流にしたがっているだけなんだろう。

画像


何だかぼんやりと露天風呂に浸かってぼんやりと生活の事を考える時間がほしくなる季節でも有る。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


きんぴら農園通信11月号より

2016/11/16 18:33
画像


『紅葉期間がなかった収穫期』

2日前にまだ緑色していた柿と銀杏の葉がきつい霜によって全て見事に綺麗に落ちました。
大豆の唐箕掛け作業を土蔵の前でやっていたのですが、目の前にある桜の葉の色づきが悪いなぁと独り言をつぶやいた次の日でした。
長期予報では今年の秋は短いと夏の頃から言われていたので、やっぱりそうなったか・・・と納得している。
長期予報のことも有り今年の秋の麦の種蒔きが遅れてしまうことがプレッシャーになっていた。
気持ちの中では早めに大豆や蕎麦やごま等の収穫作業をこなして行こうと思っていたものの、今年の天気は雨と曇りばかりでその作業が進まなかった。
シイタケは2度発生したが、1度目は雨で駄目になり、2度目は収穫してハウスで乾燥棚に並べるまでは調子よく作業が進んだが、やはりその後の天気が悪くて、乾燥棚の上で黒く変色してしまった。
残念だが今年は売り物には成りませんでした。
天日乾燥で作っているので諦めるしかないですね。
こうなってくると原木自然栽培の天日椎茸などとは貴重な存在なんだなと改めて思ったし、なんて効率の悪いやり方なのだろうと同時に考えるのであります。

秋の好天気には1日、いやいや半日の時間だけでも取って温泉や友達の所へバイクで走る事が近年の楽しみとなっていた。
しかし、詰まっている農作業の事を思うと今年はそんな時間も取ることが出来なかった。
農事者にとっては苦難の年と言って良いのかもしれない。

画像


【遅ればせながら読書の秋】

11月の13日過ぎてからやっと天気に左右されない作業だけとなった。
それから夜のバイトの仕事も始まった。
忙しさは増したのかもしれないが、心の中では季節に追われるプレッシャーから解放されて本などを読み始めた。
今年の春克子さんと遠の花見に行った時に金物屋で古本を一冊購入した。
信濃毎日新聞社から出ていた”土は訴える”という昔の本だ。
昭和50年代の県内の農業事情、栽培事情、地元の話しも多く又、肥料による窒素過多により牧草に含まれる硝酸態窒素の影響で家畜などが突然死をする事態が書かれていた。
栄養豊富な野菜ほど硝酸態窒素の問題は身近な問題となってくることを消費者や野菜農家は意識しなくてはならないことをこの本で又再確認しているのだった。30年ほど前にきんぴら工房を立ち上げて食堂を始めた時にも、「野菜を食べれば良いってもんじゃない」と題を付けてこの問題をメニューに載せていた。
当時ヨーロッパではすでに野菜に含まれる硝酸の量に法的な規制が行われていた。が、日本では全く問題とはなっていなかたった。当時牛が硝酸塩の多い牧草ソルゴーを食べて中毒死している。その原因がなかなか判らなかったことが書いてあった。
硝酸は口の中のバクテリアとの反応で亜硝酸態窒素に変化して胃に入り今度は肉や魚に含まれている各種アミンと反応してニトロソアミンに変わるそうだ。これが強力な発癌物質だと動物実験で確認されたのだった。
がん細胞をやっつける良薬の開発も大事だが、一番は食べ物から発癌物質を取り入れないことが大事だろう。
野菜に硝酸の表示が一刻も早くされることを願いたいと思ったが、それは無理だろう。
せめて栽培者が硝酸の少ない栽培を意識して貰えればと思う。
野沢菜は硝酸を多量に含む野菜なので生育の良いものは避けた方が良さそうだ。

zouridaisuki@hotmail.co.jp
電話 080−8875−6097
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


桜と月とヒバリと朝鳴きのホーホケキョ。

2016/04/14 20:46
自宅の桜です。
この木下で焼き肉でもしながらいっぱいやりたい気分なのですが、そういったゆとりがないのであります。

画像


画像


今朝は布団の中でウグイスのきれいな囀りで目を覚ましました。
気分は良かったのですが、農事がきつくなってきて体中痛いのであります。

画像


畑の上空で一日中ヒバリが鳴いています。
あれれ、月の横で鳴いてるよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生き物は皆食べ物となって繋がり合っている。食い物に毒を付けて食べるのは現代人だけかも。

2016/02/19 18:18
画像


農薬を一切使わないで作物を作り始めて10年近くになる。
今年の冬休みに図書館で目にした農薬の本を借りてきて読んでみた。
活字を目で追う作業は昔から苦手である。
半分も読んでないうちに返品日がやって来て返すことになったが、もう一度借りて読むことはしなかった。
内容が面白くなかった訳ではない。
本を読む事よりも外仕事が好きだからだ。

その本から教わったことは農薬とは元々植物が持つ自衛の為の毒物であると言うことと、その毒物を持たずまた栄養価の高い植物、いわゆる野菜と言われる物が人の手によって長い年月を掛けて作られてきたと言うことだった。

農薬を身体の中に持たない野菜は人にも食べやすいと共に昆虫や微生物にとっても食べやすいと言うことで、ましてや化学肥料で作られたものは栄養価が一層高く繁殖を目的にしている生き物にとっては最高の食材や住処になるということだった。

農薬を持たない野菜に人以外の生き物から守るために化学農薬を掛けて食す現実は現代社会の矛盾としか言いようがない・・そう思う。これは経済的な事を優先するが為に添加物同様にしょうが無い事項となっているが、やはりおかしい。


栄養過多の野菜作りはどうしても農薬散布という流に傾くという話だが、もう一つ農薬に頼ってしまう理由が書かれていた。
モンゴルだったかキルギスだったか大陸の草原で10メートル四方の広さの中、昆虫の数と種類を調べた後、そこに麦畑を作ったそうだ、200種類、数も300と多かった昆虫は半数近くに減り種類はほんの17種類ほどになり、その数の90%近くが1種類になってしまったそうだ。多種多様の植生の中では一種類の昆虫だけが偏ってに繁殖することは無いが、偏った環境になるとその環境に対応出来る生き物だけとなり、それが大量発生の原因に繋がるという事だ。
松食い虫の害も松ばかりの所で発生しているという訳だ。
山全体を一種の植生で植林してしまうやり方は農薬で自然環境を汚染させないためにもこれからは改めていきたいものだと思う。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


無関心で在ることも幸せに生きる為の1つの方法。

2016/02/01 05:28
画像


鳥によってはカラスと鳶のように良く空中戦をしてけんかする姿を見るのだが、殆どは余りけんかをしていないようだ。
それぞれに食べ物が違うという事がけんかをしない条件なのかもしれない。
同じ木に止まっていても全く気になる様子は無く仲良くしている。
犬や猫は狩りをしたいという野生の為かつい動く物を捕まえたくなるようだが、けんかを売る気はなさそうだ。
基本的に食べ物さえちゃんと目の前に在れば野生の生き物はお互いに無関心で平和に生きているのでは無いだろうか。


平和に生きるという事はどういうことだろうかとよく考えたり思ったりするようになった。
マスコミが集めてくる世界中の不条理や理不尽や暴力を毎日目や耳にしていては平和に生きるなどという事はきっと出来ないだろう。
たとえ収入や物が貧しくても自分の暮らしの周りにいる人達の幸せを一緒に作っていく暮らしがやはり人として平和に生きていく基本では無いだろうか。
家族や隣人の仕事やその報酬が良くなっていかない限り、いくら政府の答弁が景気が良くなっているなどという数字をあげられてもそれは平民にとって嬉しくなる理由にはちっともなっていないと言うことを現金収入の多いトップに立つ人達は考えられないのだろう。

いつの時代でも何処の国でもそうなのだろう。
まあ、政治家は現実のことよりも先の良いことしか言わないからなぁ。
実際のことは過去を見れば判るだろうけど。

原発の再稼働が順調に進んでいるようだが、結構問題も多いようだし、リニアも順調に進んでいるようだが、問題が多すぎるようだし、原発事故によって広い範囲での放射能汚染もその問題はますます深刻になってきているし・・・
その多くの現実の問題が全くマスコミ報道しないさせないというこの日本はやはり問題だらけなんだなぁ。
それが深刻で大きいほど出てこないようだし。

どんな生き物で在ろうとどこに住もうと皆この地球の上で繋がって生きていることに違いない。
無関心で在ろうと深く関わろうとそれぞれ生と言う道を歩いているというその行為に違いは無いだろうし、一方方向だけに向かって一斉に歩く道も又つまらない気がしている。

弱って死んでいく事も新しく生まれてくる事も何も不思議な事では無く、只生命として自然にある事が全てなのかもしれない。

自分もそうだが人は余分な物事までもほしがってしまう欲という悪を持っている事が何とも苦しい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


冬に色々と思う。

2016/01/16 22:26
暮れからあちらこちらの不要木の伐採作業と薪作りをしている。
既に大きくなりすぎて簡単に切り倒す事が出来ない木も多くあり、どうしようかと思案しながら進めている。
今年は昨年引っ張りロープの強度が足りずに切ってしまった事も有り大枚を叩いてウインチ用の強化ロープを用意して挑んでいる。
高い木の上までは2段式のはしごを掛けてロープを縛りに行くのだが、やはり恐怖の為に身体が縮こまってしまいいつまで経ってもスムーズな作業にはならないでいる。
家族に応援を頼む事も出来るが基本的にやだなオーラを出してくるので出来るだけ頼まずに気持ちよく一人でやる事にしている。
俺がやらなくなったらこの作業は業者にでも頼んでやるのだろうか、それとも・・・・・
まあ、そんな心配を俺がしなくても良い事だね。
次の世代の事はその場にいる人達が決めてやっていけば良い。

画像

画像


正月に入っていつもだと年賀状を7日あたりまで書き続けるのだが、今の世の中の不安定さを考えるととても明けましておめでとうとは書き出せなかった。
今年から政府や政治システムが変わらない内は年賀状を出すのをやめる事にした。
企業や政治が日本人の賃金の低い労働者の為の政策に切り替えてほしい。どんなに世界が武力政治になろうとも断固日本国は戦争放棄の構えで世界に声を上げなければならないと思う。
原発を台湾やインドに輸出する事を積極的に進めているが、本当に良い事をしていると思ってやっているのだろうか。
特に台湾はプレートが押し合ってせり上がって出来た島だという。島全体が断層と言っても過言ではないのに。
原発事故が起こった時に日本は風下となるから他国の出来事だから等と他人事で済ましてはいられないだろう。

全く関係ない普通の人を巻き込む人殺しテロはいけない事だろうけども、そういう人達を巻き込んで大量殺人をしている空爆はテロ以上に罪深いのでは無いだろうか。本気で戦争をしない事を進めるのなら国連は空爆をする前に何故武器生産や輸出を禁止させないのだろう。やはり戦争によって経済的に潤う企業と政治家が多いという事なのだろうか。
国とはなんて欲張りで厄介な物なのだろうと・・・思ったりしている。


1年保っていたワセリンが終わったので、今年に入って買いに行ってきた。
ワセリンは一番安くて添加物の入っていないスキンクリームである。
只荒れたお肌には保湿効果だけで肌の回復力を高める物では無い。
そこで香りの良い食品用のココナツオイルと蜂蜜を混ぜ込んで使っている。
ワセリンもココナツオイルも蜂蜜も常温では白く固まっているので電子レンジか湯煎で液体状にしてから混ぜる必要がある。
これがなかなか使えるのである。

正月過ぎてからやっと冬らしい寒さがやって来た。
鶏小屋の水入れのバケツは凍ったままで、鶏は氷をつついて水を食べている。
寒さのせいか手足の関節の痛みがなかなか引かなくなっていて、寝床から這い出る前にアキレス腱を伸ばしたりグーパー運動をしないと調子がよくない。
特に手指の痛みは一日中治まらず久しぶりに定期検診なる物を受けに行った方が良さそうだなと思わせている。
と言うわけで漢方の飲み忘れも無く体長改善に意識が行く冬となっている。

画像


そう言えばためしてガッテンでミトコンドリアの量を増やす事で疲れない身体とやる気がでるそうだ。
今日から2分普通に歩いて1分急ぎ足で行った道を戻ってくると言う、ちょいjと歩きを始める事にした。
間違っても5分も歩かないという簡単なウォーキングなので、暗くなってからでも出来そうだ。

農業用ミネラルを使って果樹を元気にしていこうという作業を昨年秋から始めた。
出来ればここにある身近な物でそれができないだろうかとそれに近づけないだろうかと考えている。
花崗岩が身近に手に入る鉱物なのでそれを砕いて畑に撒いてみようかと・・・・・
それよりも、花崗岩の多い河川から砂を少し頂いてくるのも手かなと思ったり・・・・
ドイツでは既に鉱物を砕いた粉が農業資材として売られていると聞いた。

バナナ・・・長い事食べていないなぁ。

冷蔵庫に古くなった糀があったなぁ。
まだ酒粕作りに使えるかなぁ・・・・
今から仕込んでみよう。

明日は奈良井川へ花崗岩を拾いに行ってみようかな。
それから倒したクルミの木を自宅に運び込もう。
天気予報は曇り雪となっていたから、室内作業が良いのかな。
まあ、明日の朝にでも決めようか。

バイクが遠のいてるな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ついに手にしたスマホだけれど。

2015/11/26 22:11
長いこと携帯とは無縁状態を作ってきたけれども、今年になって山口県油谷島へ行く機会を作ることになり、3.4日留守をすることが多くなった。
出先で色んな事態になりどうしても連絡をとらなければならない事も多くあり、公衆電話を探すわけですが、年々漂流事態になっていく頻度と時間が長くなるのでした。
もう成長と言うことも少なくなり、老化と衰退と劣化そんな感じを意識して生活しているわけでして、電磁波のデメリットよりもメリットの方が多いのではないかと思うようになり始めたのです。

ついにスマートホンとやらを購入しました。
一番安くて経費の掛からないものを息子に相談して購入したのでした。

しかしながら、スマホを頻繁に使う気はさらさらなく、塩尻の地で動き回っている分には携帯しないでおります。
バイクや車で、あるいは電車で遠くまで出掛けないといけない時にだけ使おうと考えています。

さて、今月になってお店に届く色んな情報雑誌やチラシの中に植田武智(科学ジャーナリスト)さんの書いた”スマホの電磁波は安全か?勝手に電磁波をですのはスマホだ!”という記事を目にした。これは新聞に連載されていた記事の1つのようです。
気になる情報を少し上げてみますと
国際癌研究機関(IARC)が2011年5月にスマホも含む携帯電話の電磁波について「発がんの可能性有り」と言う評価結果を発表している。その根拠となったのがヒトでの疫学調査で、携帯電話の使用頻度が高いほど脳腫瘍の発症率が高くなることを示唆している。それも、IARCがリーダーシップを取って行った日本も含む13カ国共同調査の結果でも示されている点が重視された。
総務省の電波環境課のコメントは総務省の調査では脳腫瘍との関連は見つからなかった、そういった嘘をついていた。
総務省の調査結果の1つで耳に近い聴神経の腫瘍について調べた研究では、1日20分以上の携帯電話の使用で腫瘍のリスクが3倍になるという結果が2010年10月に出ているそうだ。
日本の政府というのは経済主義ですべて動いている事がよく判る。
国民の健康は二の次である良い例だと思う。

ヨーロッパ諸国の中のフィンランドとスイスは電磁波被曝を減らす携帯の使い方を情報提供しているそうだし、イギリスやフランスでは子供の使用の禁止を勧告している。

いくらお金を手にしても健康で生きていけない状況では暮らしたくはないとおいらは思うが、日本国のトップの人はそうは思わないようだ。
政治家や企業は口では何ともそつなく良いことを言い切ってはいるが、実際にやっていることは金も地位も無い弱い人に対しては結構冷たいのでは無いかと思う。
何せ国民の半数の労働者がアルバイトと派遣で占めてしまいな勢いだ。企業優先が露骨だ。いつでも首切っても良いよって訳だよね。正規職になったって少ない人数で倍の量の仕事をさせられ8時間どころか15時間毎日って人も結構多い。その分は労働基準法から外れるのでやってないこととなりサービス残業が当たり前となってしまう始末。法は国民を守ってくれては全くいない状態だ。

あれれ、スマホの話だったよね。

ここらでやめろって事か。

日本国民はスマホで頭狂わしているわい。
おいらも仲間入りって訳だ。
ちっともうれしかないわい。


追記
アプリを沢山入れたりすると端末機から発する電波のパルスの変化が多くなり、身体に対する影響が多くなると言うことも知って使ってもらいたいと思います。
電源を切らずにスタンバイで持ち歩いていると電波のやり取りはいつも自動に行われ、電磁波はその度発せられています。
デメリットとメリットを意識して使っていってもらいたいものです。
自分もそうですが、家族に病人が一人いるだけで人生は悲しくなるものです。
健康がとにかく一番大事ですから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キンチョールですか?

2015/11/24 18:37
先日山口県の油谷島まで小麦の種蒔きをするつもりで出掛けてきた。
あいにくの雨の天気と島の住民達の話から小麦栽培は断念することにした。
後の人生の週末時期がどんどん近くなってくることを感じる身としてはこの先の過ごし方を考えないわけにはいかない。
自分の本当にしたいことはやはり自給自足の生活をやってみたい・・そこに行き着くのだった。

島で何を具体的にするのかというと景観を良くして、沢山の人がその豊かな景観と豊かに生きている島の人達に会いにきたくなるような土地を作り出すこと。
高齢化と若者の流出によって島は廃屋と荒廃した農地が目立っている。
これはここだけのことでは無い、日本中がそういった状態なのだろう。
おいらはどん詰まりの土地にだからこそ出来ることがあると思っている。
特にこの島という場所は特に魅力を感じていた。

数年前までは綺麗な棚田だったはずだが、今は綺麗な石垣も草に覆われているし、葦類や竹類やクズが蔓延ってしまい直ぐに農地として使えないところとなってしまっている。
一年草刈りや竹を切らないと直ぐに道が無くなると言っていた。
長野とは違って暖かさがその荒廃の速度を高めているのだった。

麦の種蒔きは出来なかったが、島に行った時に宿泊出来るベースキャンプ場を用意しないといけない。
今年の8月に行った時に廃屋となってやがて潰れてしまった屋敷跡を借りることを決めた。
その片付け作業を3日掛かりで行ってきたのだが、1日目の夕方間近3時過ぎ頃だ、顔や首を狙って蚊が数匹身の回りに集まってきて、先ずおでこと顎に刺された。
ここは周りの木々が伸び放題となっていて暗く湿っているのだった。
長野では蚊に刺されることは無くなってきていたので、こんなに多くの蚊に囲まれると作業に集中など出来なくなってしまった。
油谷島を出たところにJAのすーぱー、ヤマザキマートがある。
あそこへ行って虫除けスプレーを買うことにして車を走らせた。
この店に入るのは初めてだった。
2人の女性店員さんはおいらと同じ位の年齢と見た。
だから間違いなくおばさんだ。
それらしいものが陳列している棚をざっと見たが虫除けスプレーらしいものは見つからない。
聞くのが一番早いと見て話しかける。
「虫除けスプレーはないですか?」
近寄ってきて同じ棚を見ながら 『もう売り切れてないわね』
「かゆみ止めは無いですか?」
『あれ、無いわね』
「じゃあ、蚊取り線香・・はぁ」
『それも無いわね、もうそういう季節じゃ無いからね』
そこでもう一人の店員さんが近づいてきて私はこれを使う時もあるわよと、そう言って持ってきたものはなんと殺虫剤のキンチョールであった。
使い方は身の回りの空間360度にスプレーし、着ている衣類にもまんべんなくスプレーをするというのだった。
確かに良く効きそうだが、効き過ぎて体にわるそうだ。
が・・・・何もせずにこれから帰って作業の続きをすることは出来そうに無い。
島にいて作業ができる時間も限られているので出来るだけ作業をしたい気持ちも有り、随分迷ったが仕方なくキンチョールを手にしてレジに行くと。
先客のおばさんとレジうちのおばさんの話が弾んでおり、なかなか自分の番がやってこないのだった。
それでも5分ほど横でキンチョールを持って突っ立っているおじさんがいるので気になったのだろう。
『あんた見かけない顔だけどどこの人?』
お客になっていたおばさんがおいらに声を掛けてきた。
ここで世間話をする気は無く、一刻も早く現場に帰って作業の続きをしなくちゃ、そういう思いもあり言葉少なくよけいなことはしゃべらないようにと
「長野県塩尻市です」ときっぱりと答えてやった。
それがいけなかった。
長野県は遠すぎた。
『どうしてそんな遠くから・・・油谷島に来ている人 もしかして、移住者なの?』
「移住者ではないのですが、小麦の種を蒔きに来たんですけど・・・」
お店に来ていた人が集まりだしてきてしまった。
2人だった話し相手が、4人に増えるのではないかという空気を感じた。
『もしかしてIさんの所に来ているの』
「Iさんには移住者の先駆者と言うことで役場の方で紹介され話を聞きに最初に行きました。随分お世話になっています。」
『Dちゃん知っているでしょ』
「はい」
『その隣に住んでいるのよ』
「そうでしたか」
『イノシシの肉があるから取りにおいで、昼と夕方はいるから』
話が収まりそうに無くなってしまった。

「あの、キンチョール買って早く帰って作業をしたいので・・・・・」

その日の夜だった。
Iさんから夕食の誘いがあった。
今回は島の人に出来るだけ迷惑をかけないで作業をして帰ろうと思っていた。
自分が自宅に友人を夕食に誘うとなると家族のことや家の片付けや色んな問題が出てきてしまい、なかなか容易なことでは無い。
そんな事を考えるとつい「じゃあ今晩だけ甘えさせて貰いますが、今晩だけですよ」
約束の8時30分に井上さん宅へ出掛けていった。
前に紹介して貰った大ちゃんと今日百姓庵の作業場で会った翔さんも来ていた。
夕食は練り物の多いおでんだった。
お酒とおでんでお腹を満たしていくのだったが、キンチョールの中野さんという個人情報は油谷島の人達にあれから2時間余りで広がっており、Iさんもヤマザキマートの話はすっかり知っていたのだった。

Iさんによると島の住民は皆時間泥棒だという。
顔を合わせて話し出すと30分では収まらない。
忙しい時は合わないように心がけるべしと言うことだろうか。
特にヤマザキマートはここらの人達の世間話をする為の施設のようなものらしい。

島の住民で無い人は特に格好の餌になってしまうかもしれない。
頻繁に顔を見せることの無いおいらは恰好の話題をこれからも提供していくのかもしれない。
島にとってはきっと良いことなのだろう。
そうなるようになりたいものだと思っている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自宅菜園ですが、保温マルチをベタ掛けすることにしました。

2015/04/09 19:19
いやー全く先日の雪には参りました。
と言っても昨年だって4月に雪が降っていたので気を抜いていたのがいけないと言うことでしょう。

午前中はユキヤナギで動いていたのですが、ちょうど昼前に自宅のチャイムが鳴り誰か来たので出てみると、森の会でお世話になっている木曽の関さんでした。2年ぶりのご対面です。
60うん歳からのおつきあいなのでそろそろ70になろうかという方です。

「いやーひさしぶり、森の方はぼちぼちやってるかい、下の方はだいぶ進んだかいねぇ」
『雪が降るといけなくなるので最近又行くようになったところです。』
「森の方はいいけどさ、店のシイタケいっぱい出てるけど取らなきゃ駄目じゃねえかい」

立ち話はそれから30分ほどつづいた。
午後から森へ切っておいた分取りに行く予定だったがそんな訳で急遽シイタケ取りの作業となった。
雪の湿りもあって傘が湿っていて取ってもパック詰めして売れるような状態ではなかった。
ゴミを取ってスライスをしてビニールハウスの乾燥棚に並べてきた。

さて、夕方になって自宅の畑の作業をする。
その木曽の関さんと自宅で栽培しているブロッコリーの話になり、俺はトンネルマルチをしたという。
そうだよね、まだまだ雪降るもんね。

画像


画像


と言うわけで白色の寒冷紗をベタ掛けしてみました。
それからほうれん草の種蒔きもしました。
こちらは穴の開いたビニールでトンネルマルチにしてみました。

先日桔梗農場へのらぼう菜の様子を見に行ったら全く出ていなかったので、冬菜が終わった後ほうれん草が食べれるようにしたいのでありました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
いつも目標を前に置いて走っていないとオイラ倒れそう。
山口県への移住計画は家族会議の末あっさりと・・・蹴られてしまった。 オイラにはそんなに悪いことなのかと思われるのだが、理解は全く得られなかった。 周りの人を全く無視したいい加減な行為だと。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/15 21:15
森へソヨギを取りに行ってきました。
森へソヨギを取りに行ってきました。 15日の祝伝のお祭りに使う飾り木というのでしょうか。 ここらでは榊がないので、ソヨギを使います。 雪が少なくなっている今の内にと思い今日森へ取りに行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/11 15:48
選挙に私たちの未来を任せてる場合じゃないのか。
私たちの健康よりもいつまでも成長するわけの内経済成長が大事だと考えている私たちの政府は問題多きネオニコチノイド系の殺虫剤の農産物残留濃度を大幅に緩めるそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 17:23
もうすぐ春がくるはずですよね。
海外の戦争に関心を持って自分が行動しようとは少しも思わない。 地球市民ではあるが、自分の幸せを置くことのほうがどれほど大切なことかと思っている。 もうすぐ60になろうかというこの歳になってくるとこの国の心配よりも、自分の先短い時間をいかに豊かに過ごして散っていくかがとても大事なんだと強く思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/26 20:42
干し芋好評につき芋10キロ分作ることにしました。
干し芋好評につき芋10キロ分作ることにしました。 薪作りに森へ行くこともなく、今年はお墓の横に積み上げておいた薪材をせっせと自宅に運び込んでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 19:07
大臣辞めさせ運動も大事かもしれんが、もっと大事なことがあるだろうに。
大臣辞めさせ運動も大事かもしれんが、もっと大事なことがあるだろうに。 正直どこの党のどの大臣が辞めようと止めさせられようと金も特別な権利も無い最下部の市民にとってはどうでも良いことなのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/21 20:45
捨てられない作業ズボン、復活。
捨てられない作業ズボン、復活。 先日ガレージの二階へ上る階段の下に出来たスズメ蜂の退治をしたので、やっと2階の作業部屋へ行くことが出来るようになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/02 20:15
ラウンドアップなど除草剤を使わなくなる時代は来るのだろうか。
ラウンドアップなど除草剤を使わなくなる時代は来るのだろうか。 日本中の空き地や屋敷や圃場で除草剤がばんばん使われている。 ひどいところでは妊婦や子供達が集まる公園などにも撒かれていることもある。 店長の住むこの場所の小さな公園でも一度除草剤が撒かれて雑草が黄色に枯れて見にくい状態になったことがあった。 一体誰がこんな所に除草剤を撒いたんだろうかと思っていた。 それから一月後の一斉朝掃除のあと、近所のおじさんが常会長に後で除草剤撒いときますと声を掛けているのを耳にしたのだった。 これは聞き捨てならないと思い、速それは不味いんじゃないですかと声を掛け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/16 07:24
自然の良さを味わっている・・・ゆとりがない。
自然の良さを味わっている・・・ゆとりがない。 農業に関わっていると生き物相手なので、結構自然との関わりが多くなる。 今はブドウ棚の下でぶどうの誘引作業に明け暮れているのだが、上向きの体勢が続くので、首と肩と腕が結構痛くなってくる。 いくら緑の葉の下だからといっても自然の中での作業で自然を味悪という心境にはなれないものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/14 20:52
どこの国もどうしても武力で平和に解決したいのですね。
どこの国もどうしても武力で平和に解決したいのですね。 平和とは武力による力解決の結果による生活保全なのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/27 21:05
今年の春は梅と桜とアーモンドと水仙とユキヤナギの花が一緒に咲いています。
今年の春は梅と桜とアーモンドと水仙とユキヤナギの花が一緒に咲いています。 昨日から待ちに待っていた雨が降り始めた。 このままだと後蒔になってしまった麦は乾燥によってほとんどダメになってしまうかなと思っていたが、この雨でもしかしたら収穫につながるかもしれないなと期待を持たせてくれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/21 14:40
3月も後半戦となった。今年は大雪も有森作業がほとんど進まなかった。
3月も後半戦となった。今年は大雪も有森作業がほとんど進まなかった。 どうしたものか、日はどんどん過ぎて行ってしまう。 何もしていない訳ではないが、やっておきたかったことが随分残されたまま春を迎えてしまっている感じがしているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/19 20:36
信州水百選に選ばれている平出の泉の掃除をしました。
信州水百選に選ばれている平出の泉の掃除をしました。 泉の水は2週間掛かってすべて抜けました。 そこに溜まった泥などを濁り水と共に流し出します。 縁に溜まっている落ち葉や枯れ木を集めてたき火にします。 今年は乾燥注意報が出ているくらいのもので良く燃えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/08 18:34
農作業用の靴を新調しました。
農作業用の靴を新調しました。 今まで使っていた靴は実はバイク用として購入したものでしたが、普段用にもはいていたのですが、この靴履いてうっかりの作業をした時から農作業や山作業用になってしまったのです。 履き心地の良さと丈夫な頑固さがやたらと気に入ってしまったのでした。多少の雨も中にしみこんでこない優れた機能も持ち合わせていたのも良かったのです。 最近かかと部分の内側がこすれによってはがれて、足を入れ込む度に内側の切れ部分も踏み込んでしまい困ってしまっていたのです。何とか直せないかと余りぎれを当てて縫い付けてみようか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/29 20:36
中古歩行式コンバインを買いに新潟へ行ってきました。
中古歩行式コンバインを買いに新潟へ行ってきました。 1年前にネットで見つけていた歩行式コンバインでした。ほしいなと思っていましたが、使えているコンバインがあるのに二つは必要なく縁がなかったと思っていました。 今年コンバインを動かしたのですが、クローラーの欠けていたすぐ近くがまた三〇センチほどゴムが欠けており、いつ使えなくなってもおかしくない状態となりました。 今年の麦は背が低すぎてコンバインで収穫をしてみたものの穂が叩き胴まで届かなく結局稲刈り用のバインダーで刈ってからハーベスター(自走式脱穀機)で脱穀したのでした。 コンバインだと刈り取り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/22 20:12
中古軽トラ君を安中市まで取りに行ってきました。
中古軽トラ君を安中市まで取りに行ってきました。 ネットで見つけたホンダの軽トラを販売店のある群馬県安中市まで取りに行ってきました。 一番下の勇気君が埼玉の坂戸に住むようになり、その引っ越しで2回出かけているので佐久方面は良く通ることとなった。松本市からだと三才山トンネルを越えて上田市に出て軽井沢を目指す所なのですが、塩尻市からだといったん南下して岡谷市から佐久市、軽井沢へとコースを取る。 初めて通るコースなので、行き帰りと3回ほど地図を見て確認して決めていたコースから外れることもあったが、それほど遠回りをすることもなく、かえって最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/04 21:50
雨降らず、畑も体もカラカラじゃい。
雨降らず、畑も体もカラカラじゃい。 一昨日久しぶりにトタン屋根に当たる雨の音を聞きながら寝た。ジョロを使って3時間も掛けて水まきをしても3時間後にはカラカラ状態となっていてほとんどやらなくても同じじゃないかという気持ちで萎えてばかりだった。実際ごまの発芽率は20%ばかりで畝立てからやり直しとなった。 雨降りの夜明けに早速期待して外を眺めてみると地面は湿ってはいたが待望の水たまりはなかった。 畑はどうかと行ってみると雑草のアカザとカボチャが元気そうに見えた。 土は表面から10センチばかりは湿った感じであるが、大豆畑の耕... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/13 07:32
それにしても国というのは恐ろしいと思う。
http://www.dailymotion.com/video/xvjmcv_yyyy_shortfilms#.UaUXEZyeuNN ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/29 06:10
TPP とにかく問題だらけ。
http://www.youtube.com/watch?v=EGddoFxvGgc ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/11 20:23
迷っていたデジカメですが、購入することにしました。
迷っていたデジカメですが、購入することにしました。 画面は汚くても映らないわけではないので、このまま出来る限り使おうという気持ちと、綺麗な画像を残して行きたい気持ちとでなかなかモヤモヤして過ごしていました。 画像に映る沢山のゴミはカメラ内に入り込んだもので、簡単に自分で直すことはできませんでした。 今度もしかうとしたら防水防塵加工のしてある物をと思っています。 昨年のバイクのツーリングで地図に頼らず山並みや景色を頼りに走ったことが、自分の位置確認ができなくなってしまって、ちょびっと困ったので、GSP機能のついたものも魅力的に感じていました。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/16 19:19
農作業は桜の開花と共にやってくる。
農作業は桜の開花と共にやってくる。 今年の春風は極めて強風であった。 爆弾とかゲリラとかの戦争用語は世の中きな臭くなってきたので冗談で無くあまり使いたくない気持ちでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/09 18:50
全く雪が溶けません。減りません。
全く雪が溶けません。減りません。 夜も昼も日陰の雪は全く溶けません。 お陰で陽が眩しい畑道でも雪かきの済んだ舗装道路しか雪が溶けた気配がありませんが、綺麗な景色が身近に現れ見れることはいいものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/21 18:10
拡散希望のメールが久しぶりに入って来ました。これも酷い話です。
拡散希望のメールが久しぶりに入って来ました。これも酷い話です。 選挙が終わってどうにもしっくりこない今回の選挙結果だが、これからの日本が平和憲法を改正していくことへの心配は今まで以上に感じるようになってきた。 原発を企て大きな経済とお金を好き放題に使って権力を付けてきた自民党と電力会社と経済連がまた好き勝手に自分達の都合よく法律を作っていくのかと・・・。 口ではなんとでも都合のいい事を言える政治家達だということが今回も感じずにはいられなかった。 今までで一番票数を得ることが出来なかった国民の支持がない自民党が、国民にとって一番大切な憲法を変えてくことが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/20 08:45
遠い所から荷が届きました。
遠い所から荷が届きました。 和歌山の友だちからフルーツが送られてきた。クラフトフェアーのお手伝いに来てくれたのが縁で、二度ばかりきんぴら農園の手伝いにも来てくれました。 綺麗なフルーツたちです。 中にはメモが入っていました。虫除けの農薬1回だけの散布で極力薬は減らしています。 とあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/18 18:25
選挙の度にガクッとくるね。
今回こそ日本の未来を決める選挙だと思っていたのに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/16 20:19
凍結防止帯は遅かった。
先日凍結防止帯を蒔いた次の日に下りのパイプから水漏れが発生した。 その次の日にはネジ止めした継ぎ目が外れてパイプの中で凍った氷の柱がずり落ち始めだした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/14 18:08
平出の泉の大掃除。
平出の泉の大掃除。 年に1度この泉の水を田に引いている水利用の農事組合員が集まって大掃除をする。2週間ほど掛けて水を全部払って底に溜まっている泥やアオミドロをかき出す作業です。渕に降り積もっている落ち葉や枝も集めて焼いてしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/02 17:27
あらやファームのりんごを買いに行って来ました。
あらやファームのりんごを買いに行って来ました。 毎年りんごクリームに使うりんごを買いに行きます。三郷にあるあらやファームは春先一度だけの農薬散布の低農薬栽培が基本です。年によっては気候の影響で病気が広がる時もあるそうで、そういったときは仕方なく使うそうですので仕方ありません。普通りんごは10から20回も行いますので、低農薬にふさわしい栽培だと感じ毎年買いに行っているわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/30 18:26
いつも平民の期待を平気で無視する政治ですが。
いつも平民の期待を平気で無視する政治ですが。 選挙権を持ってから自民党に票を入れたことは一度もない。自分の生活から相当に離れた政治に対しての期待から、そして弱いものを手を貸したいというおもいから、皆同じくらいの勢力だと偏りがなく均衡が取れるのではないかというおもいから、共産党か社民党へ票を入れることにしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/30 07:43
畑で見た夕方の景色。
畑で見た夕方の景色。 鉢伏山に夕陽が当たります。半分日陰になっているこの景色が店長はとても好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/17 18:02
大飯原発の活断層
大飯原発の活断層 活断層についての会議が行われたが、その内容についての情報がメールで入って来ましたのでご紹介いたします。やはり内容はマスメディアから流れてくるものとは少し違っているようですね。 以下ご覧あれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/09 06:47
どうですか、あなたも福島原発告訴団の告訴人になりませんか。
どうですか、あなたも福島原発告訴団の告訴人になりませんか。 以下は転載です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/26 18:20
楽しみにしていた柿の季節がやってきた。
楽しみにしていた柿の季節がやってきた。 自宅の柿木は甘柿ということだがなっている柿はほとんどが渋柿である。目を凝らしてよーく見比べてみると甘柿っぽいのがあるので、一つおみくじのつもりで取って囓ってみる・・・・凶と出た。 農機具を洗っていると柿の木の方からコンコンコンッとキツツキの枝打ちの音が聞こえてきた。松の樹でなくて柿の木かいと思って近くによって確かめてみると、なんとシジュウカラだった。皮の下の虫でもとっているのだろうか。それにしても大きな音を出して突くものだなと感心した。 少し前にはメジロが集団で柿の木に集まって柿の実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/25 13:19
7年目の米作り。そして世の中の米騒動。
7年目の米作り。そして世の中の米騒動。 きんぴら農園の米作りは基本的に自然農ハゼ掛米で、種籾は昨年収穫したものから選び翌年使うという方法で、種まきの時期も昔のように桜の花が咲いたらという方法で行なっている。と言うことは機械植による稚苗を早い時期に植えつけるという方法ではなく、大きな苗を周りの田んぼに比べてはるかに遅い時期に植え付けるということになっている。 という訳で今では遅いと思われるだろう寒暖の差が激しくなる10月の中旬の刈り取りとなる。だから甘みの増した美味いコメが取れるというわけである。 栽培農事の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/24 18:33
原子力規制委員会とはやはり名ばかりものなのかい。
原子力規制委員会とはやはり名ばかりものなのかい。 何時まで経っても行政を執行している役人どもは反省しないようだ。 これでは何時まで経っても日本は良い方向へカジキリが出来ないのだろう。 仕事をほったらかして店長も参加したい気持ちでいるのだが、 どうしても日常生活をほっぽれないのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/27 07:34
田植え作業を一緒にしませんか。
我が農園の田んぼが有る平出地区も田植えされた田んぼが目立って来ました。きんぴらは6月初めの杜の市のイベントが済むまでは田植えする時間が取れませんので、当然ながら昔のように七夕の頃までに田植えが出来ればいいのだという考えです。できるだけ苗を大きく育てて植えるやり方をしていますが、今年は寒さの影響で苗の成長は遅れているようです。 今年初めてですが、全ての苗を手植えしてみようと思います。2枚で約2反5畝という広さがあります。1反約300坪ですので、すべての作業を2人でこなすことを考えるとちょいときつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/20 05:36
朝露に濡れた地蜘蛛の巣も綺麗なもんですね。
朝露に濡れた地蜘蛛の巣も綺麗なもんですね。 農具小屋の周りでは雑草が急に伸び始めました。これからは暖かさと雨が来るたびに麦と同様に雑草たちも急に成長を始めます。昨日の雨のお湿りが今朝の雑草を濡らします。今まで目につかなかった地蜘蛛の巣が綺麗に目立っていました。 自宅の桜は昨日からの風と雨にもまだ散りだしませんでした。もう2週間も前から咲いていた梅はさすがに大分散りましたね。今日は雨です。乾燥シイタケを袋詰めしてアルプス市場へ持って行こうと思っていますが、少々疲れ気味になっています。のんびりゆっくり動こうかと思います。晴れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/27 07:01
自分で言うのも何ですが、よく働いてるなぁ。
自分で言うのも何ですが、よく働いてるなぁ。 家族からはお父さんはよく働くねと言われないので、今日あたりは自分で褒めておこうかと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/18 19:13
どうも体調がいまいちだな。
どうも体調がいまいちだな。 もう3週間ほど引きずってしまっている風邪である。咳がどうしても治まらないので、飲み薬を変えてみた。新フステノンをいう薬だ。喉の痛みもあったので炎症を抑える去炎剤L−カルボシステイン配合というのにした。最初は2錠だけ飲んでいたが効き目が見られないので、添えつけ文書通りの4状に変更した。とたんに咳も止まったがそうなるとどんどん働きが良くなって別の筋肉痛というやつに悩まされるというわけだ。薬をやめて1日様子と見ているとやはり奥に引っ込んでいただけで咳が出てきてしまう。こうなると一瓶なくなるまで飲み続け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/17 20:43
ボチボチと農事をこなします。
ボチボチと農事をこなします。 今朝はパン焼きのない日なので朝からお店には行きませんが、どうしても5時頃から動き出してしまう。眠いには眠いのですが、トイレに行きたい気持ちと体の痛みもあるので早く動き出して痛みから逃れたい気持ちなどまあいろいろで起きだすのであります。6時半からのラジオ体操はパン焼きのない日の日課となっています。トイレでの座ったままの首体操もしっかり続いています。 今日は何をしようかと窓の外を眺めながら考えるわけです。息子へコメを送らないといけないので、まずは精米からかな・・・・精米で機械を動かしている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/16 21:45
昨日から本格的に動き始めましたが。
昨日は日曜日、午前中はお店のこともあまり考えずに動ける日だ。店番は洋君に任せて溜まっていた畑や森作業をしっかりこなそうと思っていた。 朝8時からまずは森へ出かけて昨年暮れに倒した赤松2本を片付ける。積み上げる場所まで玉切りをした材を運びたいのだが、一輪車がパンクで使えない。しょうが無いので一つ一つ抱えて運ぶことになる。すぐに汗が出始めてジャンバーを脱いで手指とエプロンをして作業をした。この格好は実に良かった。今年の作業はこの格好で行くことにした。 用意しておいた酵素水も大活躍で、休憩も程良く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/09 07:26
風邪をひいて寝込んでいました。
齢を取るという事はこういうことかというほど風邪の治りが悪い。木曜日の午後から具合が悪くなった。明日が木曜なので1週間も長引いている。若い頃はせいぜい3日だったが30才を過ぎた頃から長引くようになった。風邪をひいても具合が悪くなるまでは薬を飲まない主義なので、とにかく腹を減らして寝ているに限るのだが、そうしている内に治るのではなくてもっとひどく肺炎になるようになってしまった。という訳で今回も胸の痛みが出始めだしたので慌てて病院へ行って抗生物質をいただいてきた。最近では肺炎ばかりではなく、持病の慢性... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/04 14:35
おはよう御座います、今日も元気です。
この数日パンの仕事以外でやっていることは食品衛生協会の支部長としての仕事と農事作業です。農園では主なものにぶどうと梅とりんごと柿と栗など果樹があります。今はぶどうと梅の剪定作業をしています。4日掛けてやっと昨日ぶどうを終えました。という訳で森作業からは離れていて少し寂しい思いもあります。森にはシジュウカラやヤマガラといったカラ類の小鳥のさえずりがあちらこちらから聞こえてきています。昆虫などの餌がめっきり少なくなっているので、古木の皮の下の隙間や木の芽などを次から次と渡り歩いているようです。朝から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/19 08:34
漬物作り第2弾、すんき漬けました。
もっと早くにしないとやはりいけなかった。畑の野沢菜は霜でしっかり茶色に枯れ果てていた。しょうがないので横でまだ元気に育っている大根の葉を使うことにした。緑色をした似たような葉なのでまいっか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/16 15:22
畑の作物の収穫終了間近。
午後一休みしてから、今日野沢菜を収穫して漬けようと克子さんが話を切り出してきた。霜も数回降りこれだけ寒くなるとこれ以上は大きく育つことはないだろうと判断し、30センチになろうかという小さめの野沢菜を収穫することにした。今年は種まきの時期を遅らせてしまったので、しょうがないのだった。出来たものをありがたくいただくということで何も問題はないのである。克子さんは切り漬け用に2キロくらい収穫し、店長は今年はじめてすんき漬けに挑戦しようと思う。昨年頂いたすんき漬けが少しだけ冷蔵庫にとってあるのだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/01 17:32
挿し木の再挑戦。
シンクイムシが根元近くの幹に大きな穴を開けて住み着いてしまい。3年ほど前から元気がなくなっている林檎の木です。品種はシナノゴールドといいます。黄色いりんごです。命のある内に挿し木で増やすことはできないものかと今年から挑戦しています。本を読むとやはり失敗しない方法として出根させる薬を使ったものがおおいですが、今回はただ赤玉土に挿すやり方をしました。 数日前にナシと林檎をしたのですが、長い1本の枝を数本に切り分けて挿しました。どうも枝先だけを使ったやり方がいいようですので、そういったやり方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/16 08:54
今が一番忙しい時のような気がしている。
植物たちは人が面倒をかけてあげなくてもちゃんと花を咲かせて生きている。野菜も勝手に種を落として芽を出し秋には枯れて春先にきれいな菜の花を見せてくれた。 原発反対の動きもすこしはやらねばという思いと、やたらとぱんつくりと農事に追われているこの季節はどうにも気持ちも体も疲れ気味である。今日は久しぶりに朝から早起きをしなくていい日だったので、銀行や食協の仕事を何とかやることができて気持ちも少し楽になった。 農事の方は種蒔きを一斉にこなしておかないといけなく、遅れた分収穫も向こうへ遠くなっていく... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/06 19:43
色々とあり、忙しい日々を過ごしています。
やっとお店の周りにも春らしい花が咲き始めました。店から自宅への道を歩いて行くと泉の櫻と枝を交差しているコブシの白い花がとても綺麗に咲いていました。メジロ達も6羽くらいその中に入り飛び跳ねまわって花蜜を楽しんでいました。これから畑に行って遅くなってしまった苗の水やりに行きます。 月曜日の早朝から息子と二人で気になっていた放射能を少なくしているという微生物や酵素が入っている水を作り畑や健康(病気治療)に役立てている埼玉県日高市にある柳田ファームへ出かけてきました。なんでも理屈で理解しようと思い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/27 13:13
日本を根本から改革するには。
殆どの人達が私と同じ普通の生活をしている庶民だと思います。エネルギーが原発から田中優さんの言われるようなクリーンなものに移行できるのであればそうなって欲しいと誰もが思います。だからそうなるために出来ることをしたいと思います。エネルギーのこと以外にもない袖を振っての借金当たり前の政治にもうんざりしています。少しでも良い世の中になって欲しく署名もデモもやらないよりはましとくことは判りますが、その事が必ず少しでも原発を停めて他のエネルギーに移行して行くことにはつながっているようには思えませんでした。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/13 17:30
今日も朝から。
今日のパン焼きは息子が担当したので、店長の出勤は朝8時30からだ。京都の息子へ送るお米の精米をしてから行くことにした。精米機が動いている待ち時間を使って焚き付け用の竹を丸のこできる作業をした。明日待望の雨が降るというので、ちょうど無くなってしまっていた焚付が欲しかったのだ。最近は乾いた薪がないので今年倒した赤松の薪を燃やし始めた。当然湿っているので火の付きが悪く、竹があると大変助かるというか竹なしではストーブが暖かくならない状態である。 朝から効率のよいいい仕事をしていると思って気持ちが良かっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/07 21:30
足踏脱穀機のその2
昨日使える状態まで直したところです。が、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/03 17:09
足踏脱穀機の修理完了しました。
昨年オークションで購入した脱穀機でしたが、修繕しないと使えそうもありませんでした。使えない土台足を外したところで作業は中断しておりました。というのも、溝を切って組で作りたかったからです。そうしないと強度的な問題が出そうな気がしていました。そこで溝切りドリルをと思いましたが、お金がなく買うことが出来ずに年も明け、今までどうしようか悩んだ末、出来る方法でやってしまうことにしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/02 20:54
あーら、久しぶり。
今日は1人アルプス市場へパンの配達に行った。パンを並べてから駐車場に戻ると向こうから声をかけてくるおじさん1人。パンの事でなにか言われるのかと思ったら「こしやまさん、ひさしぶりです。みやさかです」宮阪ですでやっと思い出した。名乗ってくれなかったらどこで会っても判らなかったと思うほど当時とは変わって見えた。24年ほど前の付き合いだったもんね。自分もそうだがおじさん顔に変わっていた。「あーら、久しぶり」となって立ち話となった。色々と話していると今日はアルプス市場に本を置いてもらえないかとセールスに来... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/03 18:27
TPPだって?政治家はいったい何を考えているんだ?。
日本の企業は皆生産を海外の第三世界の国々へ持って行ってしまった。日本に残っている工場も第三世界からの安い雇用を入れて日本人の働く場を無くしてしまった。そもそもそうせざるを得なくなったのはアメリカ先導の自由貿易を日本も一緒になって推し進めているからだ。一昔日本で作った安くて精度の高い工業製品を買ってくれたアメリカと日本人は現在中国に輸入先を変えてしまった。車も今に日本製から中国製に変えてゆくのかもしれないが、アメリカ人も日本人も何時までもお金持ちではない。お金持ちだと思っていたアメリカ社会は今や貧... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/19 13:07
寒い早朝に見られる景色。
ビニールハウスの中に3日前ほうれん草の種をまいた。あまりの寒さに芽など出てくるはずがないなと感じていても、種まきをしたからには水やりをしばらくは続けなくてはいけない。 今朝は日曜日でパン焼きは普段ないのですが、平出の泉の年一度の掃除日となっている。今年管理組合の会計を任されたこともあり、おやつのパンをきんぴらで支給させてもらっている。そのパン焼きのために早起きして作っていた。分割が終わってから成形までの待ち時間にその水やりをしに出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 16:55
夏過ぎて味噌のかき回しは秋の風。
土蔵に今年の春に仕込んでおいた味噌がある。ふたを開けてみるとかびが一面にびっしりとあった。こんな事でビックラこく私ではない。皮をはぐようにしっかり取り除いてから上下を入れ替えるようにかき回しておいた。多少茶色になってきたかと思っていたが、かき回してみると下のほうはやけに白いではないか。まだまだ発酵とは程遠い段階の様子。味香りはまだいまいちだったがこの冬を越えたころにはいい香りが出始めるだろう。あわてずにゆっくりと・・・秋過ぎてまた歳をとるおいらかな。29日おいらの誕生日です。聞いてねえか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/18 18:40
米を売るということは。
今までは自分のうちで食べることを目的に米つくりをしてきたが、やっと売ることができる収穫量に達成した。今まで苦労してきたことやつぎ込んできた資材や農具へのお金をここから取り返して行きたいと思う。販売をするということで精米したお米を見てもらったらごみが多すぎてこの状態では販売できないなと言われてしまった。我が家では洗うときに出る浮きわらくずは洗い回数を増すことで何も問題はなかったが、ごみの混じっていないきれいなお米に慣れた一般人にはやはり受け入れられない事らしい。 今回その事を機会に精米機を中古で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 20:24
お米のお福分けしてます。
今年の米つくりはやっと目標の収穫量を超えたのでお祝いです。ひどい時は草取り作業から始まりとことん苦労ばかりで、収穫もろくにできませんでしたが、化学肥料と農薬を使うのをやめて6年の苦労が報われてやっと周りの人たちにもお福分けが出来る様にまでなりました。親戚はじめ農事ボランティアに来てくれた人や、友達にも配っています。沢山取れたといっても沢山の人たちに配るには少しずつでないとやはりあっという間になくなってしまいます。そろそろ上げたい気持ちにブレーキをかけてけちけちと配りたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/28 17:56
ちょっとだけパワフルが戻ってきたかな。
麦刈りが済んだのは8月だったろうか、コンバインは使ったままでビニールハウスの中に入っていた。早めに綺麗に掃除をしておきたいと思っていたが、この猛暑と体調不良で先延ばしが続いて今日まで掃除が出来ないでいた。 雨の日が中々来ないので思い切って自宅まで運んで掃除をする事にした。出来れば散らかっているガレージを掃除してしまえる場所を確保してから持ってきたかったのだけれど、そうなるといつになるか分からないので決行となった。分解掃除の手順が判っていてもやはり2時間も掛かってしまった。最初の時には半日かかっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/06 20:12
今朝の景色は久しぶりの満点でした。
田んぼから見たときはもっと最高にアルプスが浮き出て見えていました。畑まで来てから撮影しました。それでもこの風景です。とっても気持ちの良い朝でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 20:28
我が家の田んぼはやっぱりいいな。
朝5時半頃田んぼに水を入れに行く。上の田んぼにカエルが大の字で寝ている様子。少し経ってから様子を見てみると相変わらず死んだようにそのままの格好で浮いていた。草の枯葉でそーとさわってみるとあわてて泳ぎ始めた。やっぱし眠っていたらしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/03 18:12
梅雨明けってほんとですかい。
今日で3日田んぼに水を入れないでいました。雨がすごく降っていたという事もありますが、少し深水をやめて稲を大きく育てたかったという事でした。雑草も水面に葉を広げ稲以上に大きく育った感じを受けましたが、様子を見て雑草取を大人数で一度するのも楽しいかとも思っています。それにしても今日はいい天気ですね。奥穂高岳がくっきりと近くに見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 18:36
雨の時期は体力気力勝負です。
お店の森できのこが出ていますが、雨が多すぎます。みな溶け始めます。赤いたまごたけは味噌汁にして食べました。怖い色しているので一般の人は毒キノコだと思ってとらないので独り占めです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/16 20:47
農事で出会える風景。
畑から自宅への農道です。裏山が萌黄色に染まっている。きれいだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/14 18:06
ある野菜を使っていこう。
この4月の気候はやはり以上なのだろう。連日テレビニュースで野菜の高騰振りが流れている。キャベツがここら当たりでも一つ300円はするのが当たり前である。春野菜は甘くて柔らかで僕も好きなのだが、台所にあったキャベツはやけに筋っぽくていまいちであった。ところが我が家では柔らかで結構うまい旬の野菜が取れている。春一番にふさわしい冬菜である。 黄色い菜の花が付く前に柔らかな先端部分をおしょって湯がいて食べるのだ。すこーしにがみがあるが、アスパラのようにうまいと僕は思っている。 この旬の野菜を使... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/23 17:17
春近し、風強し。
ここんとこの春風は相当に強くて、昨年の事もあり今年こそとお高い厚めのシートに張り替えたのだったが、ビニールハウスのシートが外れだし、直したかと思った端から今日はすその部分が破れ始めたり広い方の扉が壊れ始めてしまった。ビニペットをケチっていては毎年このざまになってしまう気がするな。近いうちに機会を見つけて買いに行って補強しよう。 体調の方はいろんな薬のおかげか、一時の苦しみからは良くなってきていて、種まきをする気にもなってきたが、やはり重い物を持ったり押したり引っ張ったりという事は痛くて出来ない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 19:46
やっと大豆の選粒作業を終えました。
体の調子が悪くなってからほとんど蔵の中での作業はやめていたのですが、座ることがきついし横になっていてもつらいので、立って出来る事はないかと考えたところ大豆の選粒作業なら出来そうだってんで、今日からためしに作業を再開しました。先ずは大豆選粒機の大豆が一定の量で流れてくるように少し改良を施してやってみました。ビニールを持ち上げる簡単な装置をつけてみたがうまくいかなかったので、ビニールをはさみで切ってしっかりたらしてやってみたところ意外とうまくいきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 19:38
毎晩インベーダーゲームを30分しています。
50過ぎのおっさんになって毎日夜なべにインベーダーゲームをする訳がありません。実は大豆の選粒作業をしているのであります。今年購入した半自動大豆選粒機の「よりっこ」での作業がインベーダーゲームに似ているのです。 丸棒の上に大豆が横一列に並び回転しながらこちらに向かってきます。その一列は2行の集団となっていていて一集団約60個で攻めてきます。こちらは薄いゴム手をはめて立ち向かいます。傷物やカビの生えているものふやけているものを下に落としていきます。最初は付属として付いていたゴム棒を使って落としてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/13 18:30
畑の風景は時にやっぱり至福の時間を与えてくれる。
夕方の畑の風景です。農業は季節と時間が織り成す風景の中で汗をかきながら働ける幸せを味わえます。畑は大自然を味わうとはまた違って、手入れをした人工的な美しさと自然界の作る美しさが重なり合って作ります。そんな風景に出会った時は手を休めてぼんやりと時間を味わうことに決めています。確かに農業やっててよかったと思うひと時です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/13 18:28
田んぼの穴掘り作業が続く。
今日の午後も田んぼへ出掛けて一人黙々とツルハシと鍬を持ち替えては溝堀をした。やっと50メートル、約半分といった所で夕方5時になった。正直疲れたワイ。明日は朝から雨だと予報は告げるが、6時から夜明けと共にがんばろうかともくろんでいる。が、雨の降り方次第だ。 9時からみゆきさんと大豆の刈り取り作業もする予定だが、これも雨の降り方しだいだろうか。雪がアルプスを白く染めたが、今年もまだまだ農事が終わらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/11/06 19:38
ちょっとだけ遅ればせながら、干し柿作りました。
克子さんが午前中一人で柿木から取ってきてくれました。去年は60個だったと思いますが、今年は120個くらい取れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 21:07
早く済ませたい気持ちが焦りとうれしさとなんだか不思議な秋。
今日の夕方5時30分頃だろうかお店を閉めてから車でパンの配達に行った帰り道、平出の高架橋から赤く薄い月と木星が地平に近い山並みのすぐ上に並んで見えた。はじめて見る景色にカメラを構える。高架橋の下には電車がライトをつけて駅に向かって木曽方面から走りさっていった。久しぶりに見る不思議な風景。 ここのところ刈り取りの済んだ田んぼの片付けと同時にクローバーの種まきがなかなか出来なくて、早くしなければとあせっている。来年は水はけの超悪い上の田んぼでの米つくりとなる。昨年も出来なかった排水パイプの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/01 19:45
昨年と今年の収穫量報告。
         昨年07   今年08 ライ麦     60キロ    120キロ 籾付き玄米  400キロ   550キロ スペルト小麦  種購入3キロ 35キロ カムット小麦   7キロ    60キロ そば       作付けなし  4キロ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/31 21:50
いよいよ田んぼの稲刈りをするぞい。
昨日昼前からの冷たい雨も夜明け前にはやんで今朝はもやがかかっていた。10時頃もやがサーと引くと強い秋の日差しが部屋に入ってきた。田んぼの様子見にバイクを走らせた。まだ緑色した穂がちらりほらりと有るが90%はもういい感じである。この晴れが続く今が我が家の稲刈りの大チャンスのようだ。明日パンの仕事が終わったら決行しようと思った。 バインダー(稲刈り機)のメンテナンスを午前中掛けてやった。キャブレターの入り口にある燃料コックの下からガソリンがポタリポタリと落ちてくる。ゴムパッキンにひびが入っている。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/15 19:33
無農薬ぶどうのぶどう液やっと全部作り終えました。
昨日に引き続き、今日は朝8時から夕方4時までかかってやっと昨日取ったコンテナ3つ分のぶどうを汁にいたしました。あれだけあったのに約量としては3分の1に減ってしまいました。残ったぶどうかすはぶどうの木の根元に捨ててきました。ポリフェノール始めカリ分もたっぷりだから来年は丈夫な木にいっそうなってくれそうです。 この量だと来年までぶどうパンを作ることができそうです。 そうそう、300ccのビン詰めを売ろうと棚にトマトジュースと一緒に並べましたので気になる方がもしいたら買ってください。ええ、お高いで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/29 20:28
稲刈りの進む周りの田んぼ。
今日木曽福島で有機農業をしているお客さんが久しぶりに来店してパンとぶどうを買ってくれました。いつものようにお互いの稲つくりの話になり、今年はいもち病が出てしまったことや木曾のヒノキがずいぶん枯れていることなど話題に出ました。気候の変動に振り回されたり変動自体をどうにかしようなどということは考えずに、出来ることをして行くしかないですねと、つまり熱くなるのなら熱い所で作れるものを作るしかしょうがないなということに落ち着きました。小麦も九州で作られているパン用の小麦をここで作ったほうがいいのかもし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 18:35
無農薬栽培のぶどうお店に並べました。
1パック250グラム入り(2房位)で100円で並べています。ジュースやジャムつくりにぜひ使ってみてはいかがでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/27 18:10
小麦畑の種まき準備(整地)
かえでおばさんから来年小麦を作るために借りた土地です。1ヶ月ほど前に1回ロータリ掛けをして除草したので大きな草はまだありません。おばさんはここにぶどうを作って栽培していましたが、もう年で手入れが大変ということでぶどう棚もすべて片付けて整地しました。ほって置くと草だらけになって困るので使ってくれないかと僕に言ってくれたのでした。広さは約4反あるそうです。1回目のロータリ掛けのときにはセメント製の支柱や太い針金などがロータリーの回転羽に挟まって結構大変でしたが、今回は大きな石だけ拾いながらの作業... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 19:15
ぶどうの濃縮液を作っています。
取ってきたぶどうの粒を房の枝からはずし洗います。洗ったらなべに入れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/25 18:54
柿渋作り続編。
杵でついて水を加えて桶で寝かしてから10日がたちます。泡をいっぱい浮かべて発酵しているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/24 11:06
友達がぶどう狩りに来ました。
昨日川口さんが友達と3人でぶどう狩りに来てくれました。イベントの追われているうちにちょうどいい時期が過ぎてしまい、この雨で相当痛みが広がってしまっていました。貴重な完全無農薬栽培のぶどうなのでそれでも良いところを少しでも無駄なく使いたかったので、急遽岡谷のカンビオさんと松本のおやおやへ連絡を取り10キロずつ売ってもらえることになりました。後は生食用にするには見かけが悪いのですべてお店で何とか使って行こうと思います。例年のようにこのぶどうのストレートジュースで作ったぶどうパンもしばらく作っていきま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/24 10:51
今年の田んぼも順調ではなかった。
今年は草取りの時間も昨年と比べると3分の1くらいしかしなく、苗も大きく順調に育って言うことなしでここまで来ていた。しかし穂が充実してくるこの時期になって窒素が多かったことと雨続きの湿度の多い天気が続いた為にいもち病が発生してしまった。昨年ももちとうるちにも少し発生していたが気にするほどではなかった。今年は広範囲にわたって白い穂が現れ始めとても落ち着いてみていることができなかった。収穫がほとんど無い年も過去にあったが、またあのつらい一年と同じになる予感が頭をよぎり、今年は仕方なく農薬を撒いた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/11 18:40
久しぶりに忙しかったお店です。
5月の連休もそうですが、お店が忙しくててんてこ舞いということはもうなくなってしまっています。まあ寂しいといえばそうなのですが、一人で店番をしているとこんなところがちょうどいいのかと最近は慣れっこ状態になっていました。昨日は土曜にパンが結構売れてしまって日曜に売る分が少なかった割りにホールでお茶や食事をしてくれる人が切れずに訪れてくれ、とても一人では忙しいという時間を久々にすごしました。注文で多いのはコーヒーと水団だが、「食事は何かできますか」と聞かれると、僕が「ごま水団かうどんになります... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/08 13:29
相変わらずまだまだ壊れてますよ。
コンバインを自宅のガレージに入れてごみ取り作業を始めました。コレで掃除機を存分に使う事が出来ます。 ところがこの黄色のリョービの小型ブロワー集塵機で作業を始めて10分後、吸い込み力が半分以下になったまま性能が戻らなくなってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 20:23
先ずはライ麦刈り取りの経過報告。
今日は月曜日ですが、農事ボランティアのみゆきさんが朝8時前から登場して一緒に刈り取りをしてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 20:02
田んぼの除草作業も始めました。
今日の午後克子さんと初めての手作業での除草を始めました。麦の刈り取りも同時進行させなくてはならずいくつも体の欲しいところであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/17 20:58
農機具の整備をしました。
昨年だったか一昨年だったかもう忘れましたが、ごらんのヤンマーの小型耕運機が動かなくなり、そのまま小屋の中に放置された状態でした。にんにくとたまねぎの後に何を作ろうかと思ってはいましたが、今度は種からではなく苗に挑戦してみようかと思いました。雑草ぼうぼうにしておいてから畑つくりをしてみようと思います。せっかくある機械なのだからその時に使えるように直しておこうと思いました。昨日買っておいたキャブレターをきれいにするスプレーを使いましたらやはりバッチリ動くようになりました。古いガソリンが故障の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/04 12:06
田んぼの除草作業は楽になりそうな気がする。
1週間過ぎると雑草はぐんと伸びて、毎年田植えのすんだ稲を追い越してしまう勢いなのだが、今年はぜんぜんそういった勢いを雑草から感じない。苗は1・2本だけしか植えてないところが多いので見た目は貧弱であるが、日ごと根を張って伸ばしてくれているのかたくましくなっている。それから水草が急激に増えている。今朝トイレ用の発酵剤を200ccほど撒いたのが影響してか、夕方見た田んぼには水草が前面に広がっていた。すごい勢いで増えている。昼間の暖かさも影響しているのだろうが、今までになかった事だ。水草が全面びっし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/01 20:51
小麦の刈り取りはコンバインがやっぱり簡単でいいかも。
農園のパン用小麦ユメアサヒです。ユメアサヒの特性だそうで、背の低い穂は熟さないで青さが残っています。この未熟な粒が混ざると質を落としてしまうとの事で、なんでもいい面と悪い面が同居しているのであります。でも、きんぴらは今年こそ刈れる時に刈ると決めました。だからお天気の良い今日刈り取ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/01 20:31
田植えしましたが、まだ進行形です。
3年目にしてやっと苗作りもここまで来ました。長さは25センチありました。これならこの先順調に行けば雑草がはびこる前に稲が大きく日陰を作ってくれるのではないかと期待したくもなります。今年はいい年になるかも。今日の田植えをきんぴら農園のほうに詳しく載せました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 21:12
小麦の様子を見ていただきますね。
スペルト小麦です。穂が付き始めました。高さはまだライ麦までは追いつきません。もしかしたらこの高さで止まるのかなと思わせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/11 18:32
ライ麦に続いて古代小麦も急成長しています。
右側のライ麦は頭の高さまで生長しました。後は麦秋を倒れないようにと祈りながら待つのですが、左側の古代小麦のカムットとスペルと小麦もこの二三日で急成長をし始めてライ麦に追いつこうかという勢いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/06 19:06
畑の様子をごらんあれ。
忘れな草が今満開となっています。背丈の低い品種なので周りの雑草の中にうずもれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/04 04:42
開店前に一仕事。
今日は塩尻市の一斉清掃でありました。今年は常会の衛生班長という役をやっており、朝6時から平出の泉の周りの草刈と常会の中にある小さな公園の化粧柳の剪定と、伐採枝の片付けとプランター8個への花の苗の移植作業をやりました。すべての作業を終えて家に着いたのは7時30分頃でした。朝ごはんを食べてから気になっていた古代小麦の合間に大きくなり始めたアカザなどの雑草取りをしに行ったのです。昨日までの雨のおかげで草欠きや長靴には重い土がくっついて、思うようにはかどりません。2時間ちょいのがんばりでしたが、成果はあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/01 19:35
ビニールハウスのビニールがけ作業終了しました。
骨組みのパイプが足りないので強い風が来ると倒れそうで、ビニールをかける事をちゅうちょしておりました。が、徳さん夫妻が訪れているので人手のあるこのチャンスを逃す手はありません。午前中手伝っていただき何とか掛ける事が出来ました。クラフトフェアーには毎年仕入れを兼ねてお手伝いに来る予定にしていると言っていました。一人ではこなせない仕事がいつも山積みなので、本当に助かります。きんぴらの周りにいる人達にいつも感謝感謝です。 強い風が来る前に部品やパイプを調達して補強作業をしなくてはなりません。明日午... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 19:16
べにほうじというお茶の苗木を植えました。
この春に注文を入れておいたお茶の苗木がやっと大きく育ったそうで昨日の夕方届きました。クラフトフェアーのお手伝いに来ていた徳さん夫妻と一緒に定植いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 07:48
小麦畑は水浸し。
我が小麦畑の上はお隣さんの田んぼになっている。畦管理が悪く毎年上の田んぼから水が大量に流れ入ってくる。おとといから水が入りはじめ昨日の朝代掻きが始まったようだったがこれが困った事に小麦畑に水が大量に入っており、ただでさえ春の長雨で相当に弱ってしまっていた小麦はこれで駄目押しされてしまった感である。収穫は昨年の三分の一となりそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/19 07:27
稲の苗場の水もちが悪いぞ。
毎日朝晩水を入れに行くのだが雨の日だったにもかかわらず苗箱に水がついている事がない。これは5センチほど伸びてきた苗たちにとっては死活問題となる。せめて全体の3分の1位は少なくても水の中に入っている状態にしておかないと立ち枯れ病になってしまう恐れがるというものだ。今主流になろうとしているプール育苗と同じ状態にしておかないといけない。今日は久しぶりに天気もいいしパンの仕事が終わってから苗場の水もちを良くするように畦のところに泥を塗る作業をしてきた。それだけでは不安だったので水口の板の下に薄い石を挟ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/15 19:33
古代小麦とライ麦の様子です。
左側がスペルと小麦とカムット小麦です。右側が倒れたライ麦です。ライ麦は穂が出始めましたが古代小麦のほうはまだこれから背を伸ばしてからになりそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/14 20:27
正直な所この雨で一安心しています。
何が一安心かと申しますと、小麦であります。田んぼの水持ちがよ過ぎるために春先の長雨ですっかり元気を無くしてしまった小麦達でありましたが、この3週間というものちっとも雨に恵まれず、ここら当たりの野菜畑ではスプリンクラーが振る活動でありました。我が畑の小麦は生長の良かったものだけが地中深い水分を吸い上げて成長を見せておりましたが、水溜りの中で元気を無くしていた成長が悪いのはもろにこの干ばつの影響を受けて、枯れはしませんが成長がストップしてしまったかのようでありました。それで一安心というわけです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/10 13:55
古代小麦の中に変わった小麦が穂をつけました。
葉や茎は割りと白っぽい緑色であります。まだ短いのに穂がついています。このままここで育てるには厳しそうです。だって古代小麦は高さが2メートル近くまで高くなり、ススキのように大きくなるからこのままだと日陰の中にうずもれてしまうからです。オーストラリアから送ってもらったスペルト小麦の粒の中に一粒だけ違う麦の種が混じっていたのでしょうね。近々違う場所に移植いたしましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/09 18:53
種取野菜花盛りです。
昨年秋に種を蒔いて育った野菜たちが花をつけています。左から辛味大根・キャベツ・奥にほうれん草です。種が出来たらこの秋にまた蒔く予定です。自家採取の種はかぼちゃ以外これが初めてです。なんだかとってもうれしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/08 19:59
種まきをして1ヶ月たちました。
秋蒔きの葉類の種が余っていたので筋蒔きしました。そろそろ間引いて味噌汁の具に使えそうです。春菊もすごい勢いで育っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/08 19:55
農事で大忙しです。
今日は黒田五寸という秋に作ったのと同じにんじんと花豆の種を蒔きました。花豆の種まきの映像です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/08 19:48
種まきと水撒きで毎日大忙しです。
有孔シートをべた掛けしてあるところです。一番向こうの餅の苗の成長がいいのでシートをはずそうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 20:48
田んぼに稲の苗箱を納め(種まき)ました。
詳しくはきんぴら農園のほうに書きましたのでここでは報告だけという事で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 13:47
稲の苗代作業2日遅らすことにしました。
今日は少々の雨ならばパンの仕事が終わった午後に作業をしてこの木金で播種作業まで済まそうと企てていた。今外は結構な雨となっている。こんな日はやはりうちの中で事務的なことをするに限る。作業は度日曜に行うことにした。というわけで今日の午後は休息日にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/17 13:21
田んぼに苗床の準備のため畦を作りました。
今年は稲の苗作り3年目となる。失敗に失敗を重ねており、今年こそは失敗する気がしない。変な流れかもしれないが、店長の気分は変でもおかしくはない。今年は迷うことなく、保温折衷苗代でやろうと本を買って心の準備をしてきたのだ。昨年は三郷のMさんから余り苗をもらって足りない分を補ったのだが、余り苗とはいうもののすごくいい苗であった。今主流になろうと急速に進んでいるプール育苗で作られた苗だった。農文協から出版されている稲のプール育苗という本を取り寄せてしっかり読み始めた。僕が使う育苗箱は短冊式という... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/16 20:13
春の種まきは簡単にはいかないようです。
昨年の秋野菜の片づけができていない実験農園での種まき作業は大変である。トラクターでかき回してやればあっという間なのだろうが、この場所は手作業でやることもこだわりとして持っているため鋤スキや鍬クワを使って整地兼種まきをしている。午前中2時間30分の作業でやっと3通りのジャガイモの種まきを済ますことができた。雑草はカラスノエンドウと月見草とライ麦とヨモギが葉を伸ばし始めている。2日前に結構雨が降ったこともあり、農具の先に土が粘土状にくっついてしまい、作業はてこずっている。種芋を埋めるところ以外は草を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 12:08
ビニールハウス作ってますってば。
やっと本格的にハウスつくりに専念できる日が訪れた。午前中はパンの仕事だったが、午後は天気が続いていてしっかり4時間ビニールハウスつくりに専念することができた。 風が強かったが空にはひばりが囀っており、周りの畑では臭いのきつい堆肥を撒いている。耳も鼻も春先の農地只中といったところだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/27 22:41
慌ててなずな採り。
ビニールハウスのパイプカットの仕事が終わりそうな頃空が急に黒くなってきた。松本方面や木曽方面から雨雲が雷の音をつれてすぐそこまでやってきていた。昼に家に帰る前にささっと足元に有る大量に生え出した美味そうななずなを取っていこうと思っていた。ポツリポツリと大粒の雨が降り始めてきた。大慌てで両手で抱えるほどのなずなを取って帰ったものだ。アルプスではきっと大粒の雪がドサドサと降っているのではないかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 19:39
パイプの切断はやっぱこれだね。
自分で安く買った外国製のも爺さんが使っていた日本製もパキパキと鋸刃が折れてしまった。そこで折れなくて切れるつまり仕事のはかどる製品は無いものかとインターネットで調べてみた。ありましたありました。スウェーデン製のその道では相当に有名なのが。長さ300mmのを探したのだが、100本入りしか見つからない。おいらみたいな貧乏人が、刃だけで1万円以上するものを買う気にはなれない。2,3本で売ってくれるところが有ったらどなたか教えてほしい。近くのホームセンターカインズホームへ探しに入ったら25mmの3本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/24 13:02
庭の梅の木の剪定始めました。
剪定にしては少し遅すぎるが仕方ありません。木がまだ水を吸い上げないうちにやるのがいい事は判っていますが、やる事が多すぎるので、いつも花のつぼみが膨らんだ頃枝を剪定しています。我が家には梅の木が2本と柿の木が2本あります。これを全て一人で剪定するには丸一日は必要ですが、パン屋をしながらやるのでどうしても4日くらいかかりそうです。 これをする事で毎年梅が採れるのです。剪定をしない頃は成り年と全く取れない年と交互になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/19 19:38
ビニールハウスパイプ やっと貰ってきました。
やはり軽では運べる代物ではなかった。普通常用トラックを借りていったのは大正解であった。周りの人達の思いやりできんぴら農園のビニールハウスは建つのである。 貰ってきたハウスパイプはもう10年位前に豪雪で潰れたのと台風で飛ばされたりして少しパイプが曲がってしまっているのや、土の中に入っていた部分が錆びていて、その部分だけ切りなおしをしないといけないものだ。その為その分40センチほど高さが低くなる予定だ。パイプを提供してくれた百瀬さんは「少し錆びの来ているものも有るけど、ビニールをはずさずに使う... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 19:17
朝一番の来客。
相当前のライラ食とチーズを口に入れながら朝食を取っていた。克子さんは子供の持っていくお弁当を作っていた。時間は丁度7時になろうかという時だった。ピンポーン 玄関に来客らしい。窓越しに知らないおじさんが一人で立っている。 「お墓のそばの胡桃の木を切っているお宅ですか」 「そうですが、なにか」 「10本くらいもらえないかい」 その後いろいろと話した結果、なめこの菌を打ちたいのでそのホダ木として使いたいという事で、1メートルくらいの長さで150円の相場だと言うので、それと同じで売る事にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 07:52
今週はビニールハウス作り第一。
昨日はガレージに軒をつける仕事と春の田起こしをした。軒の骨組みは出来たけれど屋根にする波トタンを買うお金が無いので、後はそのうちという事でストップだ。梅雨の時期までに屋根が付けばいいかなと思っている。田起こしの方は米糠をまいておいてから土と混ぜておくという作業でした。天気もいいのでトラクターの上で歌を唄いながらの作業でとっても楽しい作業であります。 今日は午前中を使って例の使っていない古いビニールハウスパイプをくれると言う人のところへトラックで取りに行く予定だ。トラックは大きいのじゃないと積め... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 07:39
冬水田んぼ今年は中断しました。
水を入れ始めて2週間が過ぎても冬水田んぼになかなかならない。水がしみ落ちてしまいたまらないのだ。代掻きを薄くかけて水のしみを止めようとしたのだったが、土の中にすき込んでいた藁が浮いてしまい、来年の春までに藁を分解する事に問題が出てきてしまった。今年こそは雑草を少しでも抑えた田んぼつくりをしようと思っていたので、藁はどうしても完全に分解したいのだった。と言う事で、今年は冬水田んぼは断念する事にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 20:27
竹を使って、トンネルアーチつくり。
トンネルアーチは最近金属のパイプにプラスチックをコーティングした緑色したものが主流となっている。一つ300円程度の物かもしれないが、10本20本となると結構値も掛かるし、家には竹が山ほど有るので、これを使わない手は無い。秋野菜のブロッコリーや白菜ほうれん草にんじんが霜で弱ってきているので、霜よけのために寒冷紗をかけようと思う。これから正月までの冷え込みが厳しい中、この野菜たちは畑で甘みを増すという。ぎりぎりまで畑で育てたいと思う。 今日は午前中お世話になっているみゆきさんと二人で30本... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/28 13:11
3回目の干し柿つくりで、やっとフィニッシュしました。
昨日竹を移動して造った薪置き場の軒に、今日午後からお手伝いに来てくれたみゆきさんと干し柿をつくり、全て吊るすことができました。その後の上手いこなし方を知らない店長は、いつ箱詰めして粉を発生させたら良いのか判らないでいます。干し柿で有名な伊那谷から来たみゆきさんがお母さんに聞いてみるねといってくれましたので、それを聞いてから次の作業となりそうです。明日はトンネル用のアーチを竹で作る予定でいます。ブロッコリーとキャベツやにんじんに寒冷紗を一刻も早くかけたいのであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/27 17:14
パン屋の仕事臨時休業してます。
水路の上手からビニールの肥料袋が流れて取り入れ口に引っかかっており、水路の水が全てたんぼに流れ込んでいた。その為に水持ちが悪いたんぼも今朝はたっぷりと水が溜まっていた。いよいよ代掻きの開始だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/27 13:02
急遽の大豆の脱穀作業。
麦畑の後作った大豆をまだ青いとことも有るのですが、冬水田んぼに早くするために収穫したものです。農具小屋の中で乾燥させているのですが、お菓子作りの大豆を切らしているために急遽一回分だけ手作業で鞘から粒を取り出す作業をみゆきさんといたしました。300gは有るかと思うくらいで止めました。今日も寒い北風が吹き陽が当たっていても風の中にいると体が冷えてしまいます。干し柿つくりも脱穀作業もちんまりとした手作業なので、風の中では風邪を引きかねません。早く大きなビニールハウスを造らねばとまたまた思うので有り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 13:54
干し柿作り続きの2回目
先週の月曜日に一回目の干し柿つくりをした。柿が今年は大豊作で、今日は2回目の干し柿つくりとなった。先週は克子さんも手伝ってくれたが、今日は水曜日で克子さんはヘルパーで大忙しの日であり、おなじみ農事ボランティアのみゆきさんと二人で作業を行った。お手伝いは午前中だけということなので、コンテナ1杯で止めることにして作業に入ったが、これがなかなか終わらない。半分行かない内に時間切れとなった。というのもねじりんこというお菓子の注文が入っているが、材料の大豆が終わってしまっていて作ることができな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 13:36
冬水田んぼの水見が始まりました。
今週の月曜から田んぼに水を入れ始めましたが、なかなかいっぱいになりません。代掻きをしていないので最初のうちは田んぼの水引というか浸透がいいので、入れても入れても溜まっていかないのです。水路のあおりを使って水を全部引き込んでいると溢れそうになるし、あおりを戻すと溜まらないしでなかなか調節がむずかしいのであります。朝はパン工場へ行く前に暗いうちにより、夜は店を閉めて田んぼによってから帰ります。ここのところ落ち葉が多く流れていて水口が詰まってしまい、流れ込んでいないことがよくあります。今年はよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/17 18:12
小麦畑の排水対策。
昨日の夜も雨が降った。こんな調子で雨が降っていたのでは小麦の生育は悪くなる一方でとても心配だ。晴れ間を見てスコップで泥の層を突き破って地盤に隙間を作ろうと思った。ここから少しでも地下に浸透していって貰えればと願って様子を見ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 18:36
大豆の収穫ちと早いかも知れんけどやりました。
農事ボランティアのみゆきさんが今日も朝からお手伝いに来てくれた。大豆の収穫を一緒にやりたいところだったが、どうしても小麦畑の方が気になってしまう。僕は溝堀と小麦の種蒔のやり直しをこの日はしたのだった。パンの仕込み時間近くにみゆきさんに刈り取って貰った大豆を農具小屋の上のほうにつるしてこの日の作業は終了したのだった。枯れ切ったら脱穀しましょう。「早く柿を採って皮むきをして吊るし柿を作りたいね」「その時は落ち葉で芋を焼きたいですよね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/10 20:30
危うし小麦畑、やり直しが続くのだ。
道路側から見たところです。手前の半分が発芽不良となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 20:07
田んぼに落ち葉を入れ込んでいます。
昨日は山へ落ち葉を集めに三人で行ったのだが、クヌギの森の中は下草や腐った小枝が多く集めるのは大変だった。そこで道に有る集めやすいのを集めてみたところ、結構早く効率よく集めることが判りました。そこで山にこだわらずに、集めやすいところを狙ったわけであります。 グランドは石も無く、桜の木が周りを取り巻いていて、この上ない場所となります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/07 20:49
森の落ち葉と腐葉土運び。
赤松の森の奥からなるべく広葉樹の葉を集めて田んぼへ運び込みました。今回は農事ボランティアのみゆきさんとウーファーの小林さんがお手伝いしてくれました。まだまだ量が足りないので当分続きそうです。しかしながら、自宅に今年こそは煙突穴を開けてストーブを入れてしまいたいし、干し柿つくりもすぐそこまで近づいてきているし、薪置き場造りもこれ以上後回しにしていられない。まったく大変な年になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/05 19:04
無剪定の柿ノ木の行方は。
苗木を植えて3年目に剪定をしましたその次の年に実がなるかと期待したところ、一つもならずそれどころか垣根のようにあちらこちらからと細い枝が沢山出てしまいました。どの枝を切るべきかと考えるよりも、いっそのこと木自身が不要な枝を枯れさせていくのではないかとその次の年から剪定をやめてほったらかして様子を見ることにしました。それから2年がたった今年、沢山の実がなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/03 18:49
ライ麦と古代小麦の芽が出てきました。
スペルと小麦です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/31 18:47
麦畑の排水が悪いわけ。とその対策は。
畑の排水の悪いのはどうも耕起が浅かったことがその理由のようだ。最近はここらでもそうだが、農協に頼んで大型コンバインであっという間に刈り取りが済んでしまう。大型コンバインは重量が相当あり、土を固めてしまう。表面は荒起こしや代掻きで柔らかくなるが、40センチ以下の深いところはカチカチになってしまい、細い水路がなくなってしまうそうだ。そうなってしまうと何らかの対策も必要になるというわけで、僕みたいに田んぼではなく畑として使うとなると排水対策はどうしても必要となるわけだ。インターネットでその対策を探して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/29 05:53
麦畑は水浸しですねん。
秋雨前線と台風のおかげで昨日の朝方から今朝までしっかりと雨が降った。日中は土砂降り状態のときが有るくらいで、お店のギャラリーも雨漏りが始まった。 今朝はもやが掛かり天気予報とは違って曇っていたが、陽が指し始めると空がスーと晴れ上がって、予報は当たっていた。早速田んぼのあぜ草刈に出かけてみると、種蒔のすんだ畑に水がたっぷりと溜まっている。雨が降るたび水が溜まっているようでは麦は育たない。これから先どうしたものかと不安になった。明日になっても明後日になっても水の引きが悪いようであれば、大慌てで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/28 18:34
田んぼのあぜの雑草取り。
近くに住む農事者から去年言われたものだ、「宮村の田んぼの水路の雑草綺麗に取ってもらわないと種が下の田んぼに流れて困るな」水路の雑草まで気にしていなかった僕はあわてて雑草を取り除いたのだった。今年は言われていた雑草を水路で育ててはいないが、田んぼのあぜには結構沢山生えている。実は田んぼの水さえ乾かさなければ繁殖してくる雑草ではないので僕も克子さんもこの雑草をそんなには気にしていないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/26 06:14
小麦の種蒔(播種)中年体に鞭打ってやり遂げました。
今年こそは10月の中旬には播種しようと思っていたので、この休みの晴れ間を狙って済ますしかないと思っていた。朝ごはんを食べ終わるとあわてて子供達の後を追うようにトラクターで田んぼに出かけた。荒起こしの済んだ田んぼの土は乾いてはおらず、黒い塊がごろごろしていた。これを理想から言えばさらさら状態にして種蒔機(種蒔権兵衛)で一気に筋蒔きしようというわけだったが、ロータリーを掛けてもちっともさらさらにはならない。速度を一番遅くしようと、少しだけ深くしてもカラカラと固まりが砕ける音がして、塊が少し砕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/24 19:54
古代麦(スペルト・カムット)の種を蒔きました。
10月の中旬には全ての小麦の種蒔を終わらしたいと考えている。先週ライ麦の種蒔が終わり、今週は古代小麦の種蒔だ。おなじみのげつパンさんとライ麦の種蒔からお手伝いに来ているみゆきさんと3人で朝9時から秋空の広がる下で作業をした。日中の最高気温は18度だと聞いていたが動いていると体が熱くて汗びっしょりになる。糸ラインを30センチ間隔で伸ばし溝を引いて種を蒔いて土をかぶせていく。なかなかアカザの茎が邪魔をしてスムーズにはかどらない。午前中には済む作業と店長は勝手に思っていたが、午後4時になっても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/22 19:53
麦蒔きの準備溝堀をしました。
ご覧の通り上の田んぼ(来年麦を育てる予定)は水口にあたる角のところの水はけが非常に悪く、雨が降るたび水溜りが出来てしまう、これでは麦は育たない。というわけで今日の朝は溝を掘った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/19 16:30
ライ麦の種蒔終わりました。
ホームページで募集をかけていた農事ボランティアの問い合わせがありました。若い女性一人が今日の作業をお手伝いしてくれました。散粒機で種をまいてもらいました。苦土石灰もまいていただきました。それからにんにく畑の雑草取りもしてくれました。月曜の古代小麦の種蒔にも来てくれると言っていました。ありがとうございます。 帰りに大きく育った大根2本と元気がなくなり始めたほうれん草を持って帰っていただきました。 そうそう、お昼にげつパンさんが毎週打ってくれているおそばの昼食も一緒に頂きましたね。 これか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 19:36
アカザの雑草地帯、いよいよ麦蒔き準備となりました。
今年の秋からライ麦をぶどう畑で作るのを止めました。つる植物の無い畑地で作ることにしましたが、ただいまアカザがびっしりと生えています。トラクターで2回耕起してから種を蒔きます。今日は一回目を行いました。これでアカザが枯れたり土に返ったりします、その次に地表面を平らにして種まき機が使える状態にします。種まき気だと種が沢山必要となるので、今回用意した値の高い古代小麦の種を少しでも無駄にしないためにも手蒔きでやりたいところです。が、これが一人でやると結構時間のかかる仕事なのです。 23日頃2回目の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/16 20:10
稲刈り終了しました。
昨日日曜日に稲刈りをいたしました。勿論午前11時からお店を空けなくてはいけないので、それまでにという思いで朝早くからの作業となりました。大地君には夕べの内にお手伝いのお願いをしておいたので当然朝から付き合って貰えると思っていたのですが、やはりネボスケには無理なお願いでありました。10時から大地君も参加して克子さんと総勢3人での大慌て作業となりましたが、11時にまだ終わらない田んぼを後に僕だけ抜けたのでありました。結局12時30分までかかったそうです。後は夕方お店を終わらせてから僕が明日からの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 12:46
稲刈り始めました。
少しずつバインダーの調子が悪くなり、ついにエンジンが止まってしまいました。昨日エンジンがかからなかったので、クボタさんに電話を入れてかからないエンジンを直していただいたばかりでしたが、またまた同じ症状のようです。昨日治していたのを見ていたので同じようにキャブレターを分解してスプレーで掃除をしてみたところ、エンジンの調子も戻りました。 作業再開しましたが、今日のタイムリミットは3時です。時計も見ずにがんばっていたらなんともう4時になっていました。とにかく刈った分だけでもはぜ掛けしておかな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/05 20:09
大豆畑の草刈2回目
先日に続いて今日も午前中から小雨の中大豆畑の草刈をやはり2時間やった。が、まだ終わっていない。草の中には結構のイナゴが居り、雨の日でも残っている狭い草の中に潜んでいるのを一網打尽で捕まえるのってなかなかじゃないかな。明日も雨だったら午後パンの仕事が終わってから捕まえにいこっと。勿論おいらが食べるのじゃワイ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 19:55
モンシロチョウの卵がかえる。
野鳩の畑ではモンシロチョウが飛んでいました。葉が大きく育ち始めて大根もブロッコリーも目立つようになりましたが、大きな穴や葉がなくなってしまっている物もあります。良く見てみると葉の裏には小さな黄色いモンシロチョウの卵がついています。小さな青虫が一つの葉に2匹も付いて葉を食べています。農薬も寒冷紗もつけていないので当たり前かもしれませんが、一人でこの広さをやるにはやはり雑草だけで追われてしまいます。寒冷紗か自然農薬を早めにやる必要がありそうです。今日は雨が降っているので酢をかけることは諦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 13:00
ぶどうに病気が広がっています。
今まで順調そうに見えていたぶどうですが、台風が去った後から急にしおれた粒や色つきの悪い房が目に付き始めた。今日しっかりと見てみるとごらんのようにコガネムシまでがたかってきているものがあったり、緑色したまま熟成せずにしおれ始めたものもあったので、これはまた酢の散布を週一で2回ほどかけてやらなければならないかなと思ったわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 12:39
夕方の農作業が忙しい。
台風9号が去っていった。午前中から雨はやんで10時から気になっていた大豆畑の草刈に出かけた。草刈機で刈るので大豆を刈ってしまわない様に気をつけての作業だ。2時間かけてごらんの通り約2メートル幅で2周刈ることができた。もう手がしびれてしまうし、右肘が痛み出した。ここらで止めておかないと午後の菓子つくりとケーキつくりに影響が出そうなので途中では有るがここで一旦止めることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 19:35
たんぼ やはり、窒素が多い田んぼは稲が倒れやすいわ
心配していた通りになってしまっていた。今年の稲は緑色が濃い。ということは窒素分が多いということで、稲にとって根張りが悪く倒れやすくなったり米としても味の悪いものになりやすい。台風の害はこの辺はたいしたことは無かったが、うちの田んぼはそういうわけで、倒れるかもしれないと心配していたのだった。倒れたものは水に穂を落として発芽してしまう恐れがある。ひどいところはくいを打って紐で起こしてやらねばならない。どうせ杭を打つならば杭に案山子でもくくり付けたいとつい遊び心が出てしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 08:37
大根の双葉に危機
台風の去った後自宅の菜園の大根を見てみた。ちゃんと双葉が出て育っているはずだったが、枯れ始めているものが出始めていた。病気かなぁとおもって葉を触ってみると葉の裏側になにやら潜んでいるものがいる。ゆすってみるとぽとりと下に落ちて逃げていきます。この虫が原因だったのです。テントウムシダマシのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 08:23
ふりかけ石灰の効果はいかに
大根や白菜の若葉に穴が開いていた件で石灰水の上澄み液の散布によって症状が相当改善されました。今はその穴がもっと大きくなった葉ではありますが、何とか大きく成長しています。と言うことはここの土は相当に酸性土になっていてそれが病気になりやすい野菜を作っていたのかと思うのです。実験的に苦土石灰を東側の半分だけ上から降りかけることにしました。直接振りかけて良いのかどうなのかはよく判りませんが、今日の晩から雨が降るらしいので葉に付いているのは流されると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 14:48
縄のマルチ、効果はいかに
先日植えた早稲のブロッコリーに縄のマルチを置いてみた。藁は水に濡らしておいて柔らかくしてから約2メートルくらいに切って根元にとぐろ状に置いてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 14:32
雑草の処理法は何がいいのかな
3日前に刈り取ったものは一箇所に集めて焼いて草木灰にする。酸性土壌をこれで中性に近づけることになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 14:25
田んぼ イナゴ大発生、どないしよ
二日前に田んぼの様子を見に行ってびっくりした。畦を一歩進むたびに大量のイナゴが田んぼの中心に向かって飛び跳ねていく、稲穂につかまると穂が揺れるので2メートル四方の穂がいっせいに揺れる。その他に着地に失敗したイナゴ達がボチャボチャと下に落ちる音がする。稲をよくよく見るとひどいところは半分近くの葉が食われてしまっているのもある。えらいこっちゃ。 今朝朝食前に勇気君を従えてイナゴ取りに出かけた。30分ほどのお手伝いのつもりであったが、13分で帰ってきた。沢山いるが成果が出ないのである。8匹捕... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/05 07:48
たまねぎとにんにく植えつけました。
球根を買ってからなかなか植えつけることが出来なかったが、やっと今日植えつけることが出来た。いつも急になってしまうのだが、本当は一週間前に床を作って苦土石灰や肥料が土と混じって落ち着いてから植えつけるべきとは思っている。この土地はほとんど肥料分がなく、前に無肥料不耕起で植えつけた時も葉は出ても大きくはならなかった。不耕起で出来るものと出来ないものがあるようで、土の中に出来る根菜類はやはり有る程度の深さまで耕してやらないと上手く行かないようだ。 今日やった仕事をざっとご説明しましょう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 19:56
杜仲の挿し木やってみました。
畑に行って今年延びた杜仲の枝を切り取ってきました。一番成長の盛んな元気な枝を使うわけです。 葉を一枚だけ残して後はとります。根が無いので盛んな成長が出来ません。それでも気温が暖かな時期なので一枚だけ残しました。寒い梅雨の時期だと全部取ってもいいようです。 バケツに約2リットルの水を汲み、中に根張り促進剤をキャップ1杯入れます(約100倍)。その水の中でもう一度新しい切り口を作ってやり、約1時間切り口を浸けておきます。 その間に赤玉土をポットの中に入れますが、穴の空いたポ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 13:22
若葉に病気発生
かぶ・白菜・キャベツ・ほうれん草・にんじんの種をまいて4日目かわいい若葉が出てきた。しかしよくよく見ると小さな穴が沢山開いている。どうやら病気が出ている。どうしたものかと思ったが、とりあえず石灰を土に混ぜ込まなかったことが原因かと思い、石灰水の上澄み液を葉面散布して様子を見ることにしてみた。どうやら病気の広がりはストップしたみたいである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 09:15
ブロッコリーとブルーベリー定植しました。
昨日カインズホームに苦土石灰を買いに出かけました。いつも買い忘れてしまう挿し木用の赤玉土と根張り促進剤も買いました。野鳩の畑を囲むようにお茶の木と杜仲の木を垣根にしようと思っています。杜仲の木は1本大きいのが有るので、挿し木で増やしてやろうと考えた。初めての挿し木なので、上手くいくかどうか楽しみである。今日は久しぶりの本格的なはっきりとした雨の日で畑の作業はお休みしようと思う。挿し木の作業をするにはうってつけかもしれない。午後はパン工場できびおせんを作ろうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/31 08:15
砂漠に生えた里菜
農家に貸していた土地を来年のライ麦と古代小麦を作るために返して貰った。その場所はしっかりとトラクターで耕してあり、この一月の干ばつですっかりと砂漠化している。この時期畑のあちらこちらと姿を現すのがスベリヒユである。これは食べられる雑草でかなり有名である。酢味噌合えで食べることが多い。昼間は水分をしっかりと貯めた厚い重たそうな葉を広げ、夕方はみな葉をすぼめている。オジギソウみたいだ。昼に一株とってゆがいてマヨ味噌でテーブルの上に出したが、克子さんが二箸ほどつけてくれただけで、あとは自分で食... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/27 13:35
コンパニオンプランツ ぶどうの根元にオオバコ
今日はぶどうの根元に田んぼのあぜに生えているオオバコの種を蒔いた。先週オオバコを見た時にはそろそろと思っていたのだけど、今日種をとりに出かけたところ茶色く乾いたのはまだ少なかった。それでも取れるだけ収穫してぶどうの根元に蒔いておいた。来年の春に芽を出すのか、3,4日経つと芽が出るのかこれまた分かりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/27 13:16
田んぼのあぜのオオバコは大きいぞ
今年の春からコンパニオンプランツをいろいろと試している。ぶどうの根元にオオバコを春に移植したのだが、30%くらいしか付かなかった。この秋にオオバコの種が付いたらぶどうの木の根元に沢山蒔いてやろうと計画している。オオバコの長い花に実がついて枯れ始めたのが出始めたので、来週あたりに採取してまこうかと思う。田んぼのあぜのオオバコの種をつけている尾の長さは60センチもある。ここに生えているのはなぜこんなに大きいのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/24 19:47
野鳩の畑で芽が出始めました。
白菜の芽は既に葉に小さな穴が開いたりしています。土の質が悪いのでしょう。ライ麦しか作っていない場所なので、病原菌ではないと思うのですが、判りません。暑さのせいかもしれませんね。もう少し穏やかな気候であればよかったのかなと自分のせいにしないのが良いですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 19:52
ぶどうの実が色づき始めました。
コンコードの一部の実がやっと色づき始めました。この猛暑でりんごもぶどうも実の色付きが進みませんでしたが、昨夜からやっと雨が降り今日は30度まで気温が上がりませんでした。そのせいか夕方でかけると色が付き始めたものが現れました。やっと秋が近づいてくる感じです。今年は粒を大きくするために粒抜きをしたのですが、雨が無かったせいで粒は大きくなっていません。ぶどうは雨が多くないほうが病気が出なくて良いのですが、粒に茶色の筋が出来たり葉にコガネ虫が付いたりして、それなりに病害虫にやられておりますが、自給用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 19:41
稲の花咲く
稲の花は他の田んぼと比べて2週間遅れで全部咲いた。さすがに無農薬栽培の田んぼらしく、クモがとても多い。田んぼのあちらこちらに巣が張られていている。 6月7月の日照不足も8月に入ってからの猛暑のおかげですっかり成長の遅れを取り戻した。今年の秋は豊作間違いなしと思ってはいるが、緑色の濃いのがちょいと気になっている、というのも窒素が多いと味も落ちるし、台風や大雨にあうと倒れやすいのだ。倒れて土が付くと病気にもなりやすい。なんて心配していてもしょうがない、こちらとしたら出来たものをありがたく頂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 19:28
かぼちゃ一応育っています。
かぼちゃの種は100%の発芽率だといわれたお高い一粒100円もする種をまいたのだが、約半分しか芽が出なかった。僕の蒔き方に問題があったんだろうと思うが、何が悪かったのかはいまだ判らないでいる。発芽はしたものの葉っぱも小さく大きな実が期待できないものが4本ほどある。ぶどう棚にまでツルを伸ばして実がついているものが3つほどあるが、一つは付いてもこの干ばつで、二つ目の実は枯れてしまった。一つ目の実も大きさが変わらないままこの一ケ月が過ぎてしまった。もう少し秋までどれだけの数の収穫があるのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/23 19:08
畑の水まきは大変だ
秋とり野菜の種を蒔いたまでは良かったが、発芽してくれるまで水やりを朝晩としなければならない。朝のほうはパンの仕事があるとだめだし、晩は仕込があると遅くなってしまう。畑も広いし給水口からかなり離れているためにはじめはじょろとバケツを持って何べんも往復していたが、30分以上かかってしまって効率が良くない。ホースを使って散水しようとここのところ時間を費やしている。ホースの長さが後15メートルほど足りないが、今あるもので何とかならないかとついつい買うことを渋っている。 ここ塩尻では梅雨の後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 13:54
畑の住人たち
畑の4ブロックに分け、間を人が歩きやすいようにと鋤簾で土を削ると、固い土の中から結構な数の幼虫が出てくる。何の幼虫なのかわからないが、結構作物にいたずらしそうな面構えである。つぶそうとしてもこれがなかなか簡単につぶれないのだった。益虫か害虫かわかってからその対処を決めたいと思う。とりあえずは暑いであろう地表にころころと転がしておくだけにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 16:58
不耕起多菌類養土栽培始める。
そんな農法はないのだが、とにかく肥料と農薬を一番に考えないで、土の中のミネラルと納豆菌や麹菌やEM菌やその他の善玉菌を増やそうというわけです。秋に多くの落ち葉と表土を入れ込み、でんぷんと黒糖とにがりと水とを入れ土とよく混ぜる事から始めようと思っています。 秋前に種まきをせねばならないものは今回土を作ってからという訳にはいきませんが、後20回ほど僕は挑戦できる予定でいるので、3年後にはそれなりの成果というか結果結論が出てくると思っています。毎年秋だけはその作業をするためにトラクターで耕起... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 19:32
りんご 葉っぱに赤サビ病と実にカビが発生している。
りんごの実は約半分を落として少なくしたのだが、こうやって見ると結構まだ多いような気がする。夏前までは順調だったが、病気が入ってきて元気がイマイチに見える。今のうちに少しでも出来る事をしてあげよう。僕のできることはやはり酢を撒いてあげるしかないかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 08:25
トマト 赤くなり始めました。
実付きは良かったのですが、中々実が赤くなってこなかったトマト、上に張っていたシートを白色の寒澪紗に変えてみたところ、2週間あまりで下のほうから色が付き始めました。今朝3個赤いのを収穫しました。鼻を近つけると良い香りがしました。今週のお店の冷やしソースうどんの具材になる予定です。 トマトの葉が枯れてきています。よく見るとテントウムシが葉を舐めているのでそこが枯れて来ているのでした。朝晩見つけたら潰すを暫く繰り返してみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 08:18
カボチャにうどん粉病が出てきました。
台風が去った後、あれから2週間の間ほとんど雨が降りません。長野市のほうではひどい夕立で大雨注意報が出た日もありましたが、こちら塩尻では少しの時間ぱらぱらっと来ましたが土を濡らすほどには降りません。おかげで大きくなり始めたカボチャやキュウリの葉にうどん粉病が出始めました。毎朝散水してあげるといいのでしょうが、今回は石灰をまいてやりました。ほんとは朝露に濡れた葉に撒くのが良いと有りましたが、気温が下がっても20度前後で、朝露に濡れることはないですね。でこぼこの激しい日本カボチャの場合は2本仕立て... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 07:52
田んぼ 追肥はしないさ
全体として背丈はいい物と悪いものとのばらつきがあるが他人の田んぼが75センチあり、我が田んぼのは65センチであった。葉の色は断然我が田んぼが色濃い緑色をしている。米ぬかを入れて代かきをした事が影響していると思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 11:32
そばの種不耕起で播きました。
パンの仕事が終えたら月パンさんとそばの種蒔きをすることになっていた。お昼にげつパンさんはそば粉と麺棒を持って登場した。打ち立てのそばをご馳走してくれた。はやり今年の秋は収穫したばかりのそばの粉でぜひげつパンさんにそばを打ってもらいたいと思った。 軽い夕立が去った後パン工場を出て早速もろこし畑の横に4通りそばの種を播いた。雑草を刈り払い機で刈ってから、じょれんで表面3センチくらいを削り取り、鎌の先を突き立てて溝を地面に付けてからそこへ種を撒く。その後薄く土を掛けて踏みつけたのでありま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/07 18:01
ジャガイモの収穫 ぼちぼちと
今週の火曜日水曜日を使ってジャガイモの収穫を始めた。ぶどう畑のほうに作った北海こがねは全部でコンテナ2つ分約40キロの収穫となった。夏休みで家にいた勇気君に今年も声をかけたところ快く「いいよ」との返事が返ってきた。二人で暑い中汗をかきながら30分ほどで収穫する事が出来た。後モロコシ畑のほうに去年の秋に霜で収穫できなかった農林一号というジャガイモが自然に出てきて育ったのが残っている。自宅の方にはメークインがあり、今さっき雨が降る前にと一人焦って収穫した。約10キロあまり小粒ではあるが収穫した。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 19:11
大豆畑 小麦の芽が一斉に出始めました。
画像にはクローバーと小麦の芽が伸び始めているのがよくわかる。小麦の刈り取りがすんでから一週間が過ぎた。大豆の種を播いてからは4・5日といった所だろうか。心配していた鳥の害はこの小麦の芽が10センチほど伸びてしまえば全く心配する必要はなくなりそうだ。 てこずっていたライ麦の手作業の刈り取りも済んで雨の音も苦にならなくなった。この雨で大豆の芽のでも良くなるだろう。しかし、今年の天気は冷夏を確かに思わせるものだ。明日は日中の温度が18度くらいしか上がらないそうだ、農事放送では気温が低い為稲に害が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/30 19:54
ライ麦刈り取り4回目
朝から集中してライ麦の刈り取りに専念したい所だが、大豆の種蒔きを済ませないことには秋の刈り取りに繫がらないので、午前中は種蒔きとなってしまった。 午後一番でライ麦畑に行って早速昨日の続きとなる。画像の通りとてもライ麦畑とは思えない様相である。これを手刈りしているのだ。刈った束の半分以上は雑草である。情けないが、それでも3通り刈って脱穀して見ると、2キロほどの収穫があった。後20通りはあるので、少なくても14キロくらい収穫が有ると見ている。今のところ収穫されゴミを取って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 18:11
大豆の種を播きました。
小麦の刈り取りが済んだ田んぼです。豆を播きました。アオバタ1キロ・黒豆1キロ・大豆ナカセンナリ3キロです。混ぜて散粒機でばら撒きしました。その後トラクターで軽く土と混ぜ合わせて只今水を入れているところです。この先曇りが続くと言う事で雨が望めそうに無いので、水を入れて大豆の発芽をはやめようというこんたんであります。その後心配なのは兎に角鳥が多いのです。発芽してきた芽を皆食べられてしまうのではないかと心配しています。 ライ麦のわらをこちらに持ってきて一面に敷き詰めるというのも良いと思いますが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 17:59
田んぼ 苗の違いは大きな違い。
5月の6日あたりだったかに田植えをしたのが右側です。近所のおじさんから頂いた苗です。 左の方は苗箱一枚1200円で購入して植えたもので、一週間おくれのものです。もう一週間遅れで有機農家の方から頂いたのがもっと左側にありますが、それは右側に植わっているのと同じくらいに大きく育っています。お金を出して買ったのが一番色づきも悪く育ちも悪いのです。苗によってこんなにも違いが出てくるのかと改めて感じているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 17:48
晴天につき今日も必死で刈り取り中です。
ブドウの棚のライ麦はどうやら3日目にして全て刈り取ることが出来た。この部分だけで50キロは越えると読んでいたのはどうやら大間違いであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 18:29
ライ麦刈り取りとぶどうの粒抜き。
降水率30%となっていたが、夕べは凄い雨であった。今日は20%と天気予報ではなっていたが、朝になっても雨は止まず小雨となっていた。もう待った無しの状態なのでそんな中克子さんは田んぼへ草取りに、僕はライ麦刈りをしに出掛けた。 ライ麦は奥の倒れてしまったのは後回しにして、物になる倒れていないのから刈り取っている。午前中掛けて15束作り農具小屋のはぜ掛け棒にかける事が出来た。11時半頃になっても雨は降り続き、ぶどう名葉っぱから雨粒がぽたぽたと落ちてくるし、刈った束も重くなる一方だ。明日か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/23 19:16
田んぼの草取り
今日もパンの仕事を終えたあと午後1時間ほど克子さんと田んぼの草取りに出かける。僕の田んぼ用のゴム長靴も穴が開き、昨日新調した。道具は新しくなっても体は弱るばかりだ。右ひじの痛さは除草作業1時間がどうも限度らしい。たまに腰を伸ばそうと体を起すと立ち眩みもして中々田んぼの作業はスリリングである。本当に今年の田んぼは休み休み良い加減にしておこうかと思っているのだが、現場に入るとどうして痛いのに働いちゃうのかなぁ。 今日はレザンホールで日本国憲法の上映会である。5時に出かけてお手伝いをすることにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 16:43
土麹を根元に上げました。
1mも離れていない場所にありながら成長具合が随分と違う。当然元気のないほうの根元をほじくり麹ダンゴを埋めてあげた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/03 17:38
土麹作りその2
約4日めで麹カビの発生となった。匂いはやはり甘い香りがしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/02 10:03
土麹を作っています。
土麹は畑の土の中の菌を善玉に切り替える優れものです。まだやってみないと判りませんが、堆肥を入れなくても土が変わりミミズが増えて自然と有機的な豊かな土が出来上がる気がしています。期待は大きいです。何せ発酵に関する仕事ですから、なんかこうやったろうじゃんかという気に自然となっちゃうわけですよね。 作り方はニンジン酵素がたっぷり入っているニンジンを3本すりおろし、どんぶり1っ杯のご飯と同じくどんぶり1っ杯の湯で大豆と200gの砂糖と塩を混ぜ合わせて、3日ほど寝かして発酵させるわけです。 今そこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/25 19:53
田んぼ 今年の雑草取りはぼちぼちと
道から田んぼを見下ろした程度では今のところ雑草がいっぱい有るのに気付かれない。しめしめ、それまでは近所の人からの噂もここには届くまいなどと思っている。畦から中を覗くと雑草とオタマジャクシがいっぱいだ。嬉しいような悲しいようなだ。下の映像は偏光眼鏡をもっている方はそれを使ってみた下せー。やっぱだめかい。 それはそうと、今年もご覧のように葉がやけに白く枯れている。稲水ゾウムシのおかげさまだ。昨年まで人海戦術で一人500匹をめどに捕まえていたが、今年は様子を見ることにした。というより楽する事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/25 19:44
自然農薬散布しました
この間もしかして我が家にもどこかに噴霧器が有るのではないかと思い、克子さんから爺さんに聞いてもらった所どこか分からんがあるという。一番怪しいガレージの中でひしめいているゴミの山の中を探してみた。タイヤ・部品・工具・農薬・肥料袋・シート・買い物袋・その他諸々が大量に重ね積みとなっている。使えないタイヤ類は4年ほど前に50本近く片付けていたが、この塊の中にもまだ潜んでいた。兎に角ゴミと鉄ものが一色単になっているので下までなかなかたどり着けない。それでも片付けというよりも物の移動によって噴霧器を発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/22 18:32
ぶどうライン誘引作業しました
上の写真には蜘蛛の巣が写っております。おいらの知る限りでは我が家のぶどう畑は20年以上農薬散布はされていないのであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/17 20:10
たんぼ 福岡式たんぼに水が入るのだ。
上の冬水たんぼから下の福岡式でやっている小麦の芽が出ているたんぼに水が染み出ている為に、小麦が枯れ始めている。これは何とかしなければと、今日上のたんぼの畦つくり(畦塗り作業)をした。その後水を入れっぱなしにしているので、夜にでも様子を見に出かけなければならない。浸みだしが止まらなかったらどうすんべ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 18:59
たんぼ 良いじゃんか
昨日の畦つくりと代掻きの成果が出ていた。今日昼にたんぼに見に行ってみたら浸み出しが止まっていて下のたんぼに水溜りは無かった。本当にこれで一安心だ。一週間前に水を溜めていたたんぼの端っこと中心部分の土をスコップで堀あげミミズの確認をしたところ、一匹も見つけることが出来なかった。まあとにかくこれで水口から水を始終入れていなくても水は溜まっているわけだから水温も高くなり、ミミズも活発になるのではないだろうか、冬鳥も水が有るか無いか心配しないで毎日通えるわけだ。ああー、良かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 18:44
冬水たんぼ たんぼに水がなーい
先週の水曜日に水口の水量を減らしてからというもの、今日まで一度も田んぼの水を見に行けないままであった。今朝出掛けてみたらなんと枯れておるではないか。アオサギ君もどっかへ行ってしまったじゃないか、いったいどうなってしまったんだぁーって、水が流れていないのだった。あわてたわい。上流で水門を変えられてこちらへは流れないようにされておった。こっちにも流れてくるようにして、下のたんぼに水がたまらないように、溝を深くする作業をした。下の田んぼでは小麦の芽が順調に伸びてきていたが、上の田んぼの水が下に染み出し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/08 22:44
たまねぎ 籾殻のマルチ
黒いビニールマルチが家にはたくさんある。使いきれないほどある。我が家は先代がタバコを広く作っていたために、それが沢山あるのだ。今は何も作っていないので、農具小屋の半分がビニール類で埋まっている有様だ。処分してしまうのももったいない気もするし使いたくないしで、迷いながらもたまねぎの除草に使っているのだ。自宅の空いている土地にたまねぎの残りの苗を100本植えました。ここは籾殻マルチにしました。上手く行くようであれば来年はとも思っとります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/04 19:47
たまねぎ 苗の植え付け
9月に白菜の種と一緒に蒔いたたまねぎの芽は出ませんでした。その時点で10月の下旬には苗を買ってきて植えつける覚悟をしていました。苗はたいがい100本一束で600から650円で売られており、今回アルプス市場で買った200本は相当に黄色く枯れ始めていた物で、それでも根が枯れていなければ大丈夫だからと言われ買ったものでした。もう売れそうも無いからという事で、一束200で売ってくれました。焼き芋はどうですかとレジのお姉さんの声にはにこっと笑顔でやんわり断り、バイクに苗を積んで帰ってきました。2週間前に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/03 08:54
大豆 毛虫が結構多かった。
他の畑ではそろそろ大豆の収穫が始まることだが、我が雑草畑の大豆はまだ緑濃くもっと霜に合わねば茶色には変わりそうもない。実の入りは60%といった風で下のほうはまだぺたんとしている。黒く病気になったものもあるし、毛虫に葉を食われている物も結構有る。この毛虫はどんな蝶になるのかちょっと興味もあるけれども、持ち帰って育てるほどのずくと時間は今の僕にはない。そのうち昆虫図鑑でも図書館から借りてきて、調べてみたいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 14:12
冬水田んぼ アオサギ君です。
水を張った次の日から毎日のように飛来していたアオサギ君です。何を狙って食べに来ているのかは定かではありませんが、今日自転車で田んぼに行ったらパッと逃げ出さなかったので写真に収めることが出来ました。夏に勇気君が捕まえたどじょうを田んぼに放したので、それかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 14:05
福岡正信式田んぼ 田んぼに麦の芽が出始めました。
克子さんが家の田んぼだけやけに雑草が生えてきて緑緑してるんだけど、と心配事を言い出した。「良いんだよ、あれは裏作で作っている小麦の芽だから」それを聞いてホット胸をなでおろしたことだろう。先週小麦の発芽を確認してから芽が出てこないクローバーとレンゲを心配して僕はもう一度1キロほどの種を蒔きなおした。田んぼではモンキチョウがあちらこちらで交尾をしようと飛び交っていた。次の田んぼの仕事は12月正月まじかに米の種籾を蒔くことになる。粘土団子でまくと一番良いのだろうが、小麦もクローバーも大豆もそのままで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 13:59
冬水田んぼ トンボの死骸が目立つ
稲刈りが終えてから、水を張り秋の天気の良い日には向こうの畦が見えないくらいに、トンボが音を立てて飛び交っていた。それから霜が降り始め最近の朝の冷え込みで、トンボ達は随分と田んぼの土になっていくようになった。真っ赤な男のトンボは前を飛び尻尾につかまっているさび色の女トンボは尻尾の先を水面にちょんちょんと落としている。 田んぼの水中には青み泥が随分と増えていた。田んぼの水持ちだが大きなひびがあるたんぼにいれはじめたころよりも、ずいぶんとよくなってきているようだ。それでも、水口の扉は少し開けっぱな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 13:32
ライ麦の芽とカラスノエンドウの芽
昨年の5月6月とカラスノエンドウの紫色の花が見事に咲いていた。草刈機で刈り取るべきか随分と悩んだ末残すことにした植物だ。マメ科の植物なので土に窒素を溜め込んでくれる。それに何と言っても見ていて綺麗だ。堀金村に住んでいた頃、オートバイで松本の額縁工場まで毎日通っていた時も、カラスノエンドウが咲いている道をわざわざ選んでいたくらいのもので、ライ麦の芽が出てきた。そしてカラスノエンドウも出てきていた。僕はこの雑草の花が大好きなのだ。畑の横の道を通る人がこの花を見て、綺麗だなとふと思ってもらえたら又い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 13:03
ライ麦
ライ麦の種を蒔いてから、2週間が経った。ちゃんと発芽してきているか心配だったが、長い物で10センチほどの細長い葉を空に向けて伸ばしていた。やはり種の上に刈った草がかぶさるだけで、ちゃんと発芽することがわかった。種を土に埋める必要は無いのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/01 12:52
絵の頃草ではないよね
そう、秋といったら芸術の秋ですよね。爽やかな秋の日にスケッチブックでも持って絵を描きに行きたいなと、そういう時期に咲くから絵の頃草で良いのだ。今朝はパンの仕事がないので田んぼの水見も7時ごろだった。朝露に濡れた穂が朝霧と戯れていた。今日も天気予報は晴れと言うが、曇りの一日になりそうだ。本日は11日なり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 13:54
秋のコバルト宝石
ライ麦の種を蒔いてから早速雑草刈りの作業に付いた。おお綺麗な実だなぁと見とれてしまう。名前は知らないがこの雑草地帯では随分とこいつがはびこっていて、夏も草刈機にこのツルが巻き付いて刃の回転を止めてしまっていた。いったん回転を止めて軍手の手でツルを取り去る時にこのとげが刺さって痛いのである。その草が秋になるとこんなに綺麗なコバルト色の実をつけるのだった。 パンを買ってくれているブラックポットさんのブログを覗いて見ると、おっと、この草が載っているではないか。なになにイシミカワって名前なのか、絶滅... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 13:46
たんぼ トンボが写っていませんか
二枚目の写真です。 やっぱり写っていませんね。 どうやったらあのすさまじい量のトンボ達を撮る事ができるのでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 13:21
ライ麦 種を蒔いて草刈しました。
ぶどう畑の雑草地では今自然農法による大豆が育っています。10月はイベントが多く休みの日もこれから先どうなるか判らないので、ちょっと早めでは有りますが、ライ麦の種を蒔くことにしました。ライ麦の種は今年採れた良いものを4キロ程ととうみでこぼれたものを3キロほど合わせて7キロほどを約1反歩の広さの雑草地に撒いた訳であります。蒔き方は小麦の種を蒔くときに使った撒粒機を使いました。僕の買ったのは農協からみのるという会社ので9千円ちょいしたのですが、昨日ホームセンターで見かけたのは5千円でした。こっちの方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 13:18
たんぼ 水を張った田んぼは大騒ぎ
今日は2週間ぶりのお日様の登場であります。田んぼの水やりですが、水口を5センチくらい開きっぱなしにして様子を見たところ、深さ5センチくらいでどうも落ち着いているようです。昨日までこんなではなかったのですが、今日のお天気が影響してか、トンボの群れがわが田んぼに集中しています。皆卵を産み付けに来ているのですが、この写真を撮っている間も羽の音がばさばさと聞こえてきています。シャッタースピードを上げて撮ったのですが、何万といるトンボが残念ながら写っていません。向こう側の畦が見えないくらいものすごいので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/12 13:04
にんじん 雑草地帯に筋蒔きしたにんじんは
やはり雑草に勝てませんでした。原因は地力不足だったのか、発芽しても背がすぐに高くならないので雑草の陰になり、大きくなれなかったのか、その二つともの原因だったのかもしれません。 左奥の薄緑の所だけにんじんの葉が茂っていますが、自宅のにんじんは倍の大きさで茂っています。そろそろ間引いては子供の時に良く食べてた葉っぱの天ぷらを食べてみたいなと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 20:29
大豆 雑草の上からただ蒔いただけの大豆は
やはり良い育ち方をしております。こちらは比較的にライ麦の藁が多かった所ということも発芽に良い影響があったと思います。雑草の上から蒔いた後は、草刈機で雑草を刈り、大豆の種の上に草藁がかぶさるようにするととても良いとおもいます。こちらもお見事な育ち方ですね。 やはり雑草をなるべく抑えることを考えると大豆も密集させてしまうのが良いのではないかと思いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 20:20
大豆 寒くなってきて後は豆の充実だけ
過去17年間肥料もしてない雑草地帯で、草刈り一回だけでこれだけ見事な大豆がなるとは思いも寄りませんでした。まだ膨らみきっていないさやが沢山有りますが、11月の霜が降り枯れるまでにはまだまだ時間が有りますので、僕は相当な期待を持っております。先のことを考えると脱穀を棒を振り下ろす手作業ではなく機械を調達したいことと、選粒を機械化したいことです。どなたか良い情報をお持ちの方がいたら教えてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 20:13
白菜 クローバーの種と一緒に筋蒔きした白菜
ご覧の通り順調に育っております。中には結球し始めたのも有り、育ち方は早いのや遅いのが有って一度に収穫しなくて、順番に食べられそうでそれもまことに良いことだと様子を見ております。中でも育ちの良いのを良く見てみると、中心部分に青虫の糞らしきものが落ちているので、きっと住み着いているのでしょう。今日は捕まえている時間がないので見逃してやりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 20:05
大根 今年も順調
詰め過ぎだと克子さんから言われていた大根も順調に育っている。太さは今5センチくらいになっている。野沢菜の方は虫の被害にあったが、大根の方は虫取りをする必要を感じないくらい、全く順調である。太さ10センチくらいまで成長するだろうが、隣の大根どうしくっついてしまうだろうからさて、どうなることやら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 09:56
野沢菜 虫退治はもう良いかな
肥料を一切していない野沢菜は大変順調に育っていると言いたいが、実際は青虫などの幼虫に随分と葉を食われている。休みの朝のたびに葉についている虫を葉を震わして土の上に落としてつぶしていたのだが、やはりしばらくは卵からかえってくるのもあってか、捕っても捕っても拉致が上がらなかった。先週から天気も悪く気温も大分秋らしく冷えてきた。それが良かったのかそろそろ落ち着いてきたようだ。たかだか2メートルくらいの筋蒔きの畑だが、わがやの分位冬の漬物は作れそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 09:49
電柱のカラス
今日もいつもの電柱に停まってぼくの様子を見ながら鳴いている。いつも同じカラスなのかなと思いながら農作業をする。小麦の種を撒き散らし、先週ロータリーで土の表面をかき回したときは仲間を三匹連れてきて、早速表面に有る虫か種をついばみに来ていた。今年から自然農一年生だ、まづは近所の人からというより、このカラスに情けない所を見せないようにしたいものだ。ちなみにこのカラスはハシブトカラスだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 09:37
小麦とクローバ 田んぼの裏作として撒いた小麦とクローバの芽
種を蒔いてから2週間がたった。先週表面を軽くかき回したのが良かったのか、それともこの2週間曇りと雨が続いていたのが良かったのか、今朝発芽して綺麗な緑色をした小麦の細い葉を随分と見ることができた。もう一度種蒔きをしなくてはならないかと心配していたが、どうやらその必要は無いらしい。所が一緒に蒔いたクローバの芽はやはり見つけることが出来なかった。小麦が有る程度大きくなり表面が乾燥しにくくなったら再度蒔いてみようかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 09:26
田んぼ水入れ 水抜けは収まるのか
田んぼの水入れをはじめてからあと二日で一週間が過ぎようとしている。しかしながら毎朝パン工場へ行く前に様子を見ていくのだが、ほとんど田んぼに水が無い状態だ。稲刈り前に田んぼを枯らし大きなひびが入っていた田んぼは水持ちをする能力がほとんどなくなっている。思い切って代掻きをして保水力を持たせるべきか、やはり不耕起にこだわってこのまま続けるべきかちょいと悩み始めている。代掻きは土を粘土状にするくらいロータリーで攪拌するので、微生物は大丈夫としても昆虫類はだいぶ死んでしまいそうだ。やはり代掻きせずにこのま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 09:17
たまねぎ 畑地を作りました。
雑草の中に種を蒔いてみたところ、芽が出てこなかったので昨年同様苗を買ってきてビニールマルチで育てることとなった。自然農法でいけるものはそうするが、見通しの出来ない物はやはりこうして行くことも必要かと思う。克子さんに言っておくが、今年のたんぼは自然農法でやって失敗したのでなく、昨年教えてもらったやり方で失敗したのです。それじゃ、尚悪いか。 どんな準備をしたかというと、昨年失敗したホームセンターで売られているイセの危ない鶏糞は使わないで、木材チップと食品残飯と家畜糞を使って作られた有機21を2袋4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 19:31
たんぼ 水入れ 集まる者達
水口の板を開けてから2日が経つが水が流れてこないためにほとんどたんぼに水がたまらない。平出の泉からはとうとうと水が湧き出て流れているのに、何処へ流れていってしまうのだろうか、朝小川をたどって原因を突き止めてみると、途中で板の抜き差しによって水流を変えるところが数箇所あり、やっと三日目にして田に水を入れることが出来た。午後水口を止めに行って見るとアオサギが一匹と、沢山のくっつきトンボが卵を産みに早速来ていた。代掻きをした田ではないのできっと水持ちはとても悪いと思うが、せいぜいせっせと水見に出かけた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/06 19:16
不耕起 福岡正信式たんぼ 10月4日 麦とクローバーとレンゲの種まき 
9月27日の稲刈り一週間前にたんぼに蒔いておいた麦の種はそのほとんどが鳥の餌となってしまったらしく、良く良く見ても蒔いた後のようには見つからなかった。それに今年は地表を覆うほどの藁が無いので、ただ種をばら撒いただけでは又鳥の餌となったり、乾燥の為発芽にいたらないと思われる。不耕起が基本の自然農法を目指しているが、今年は種を蒔いた後トラクターを使って表面をかき回そうと思う。実は昨日表面をかき回したのだった。しかしどうにも蒔いた筈の麦の種が眼につかなかったのだ。種まきと地表面のかき回しをもう一度や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 16:20
不耕起 冬水田圃 10月4日 わら蒔きと水入れ
昨日朝早くからカットしてないわらを田圃一面に蒔き散らかし、その後水入れをしました。昨年市民タイムスの下さいコーナーに播種機くださいと出したのが縁で動力付きの藁切りカッターもついでに貰ってきました。本来ならばコレを使ってたんぼにまくところなのですが、昨年ぬかるんだたんぼに入るために束のままの藁を敷き詰めたところの下にだけ随分と赤糸ミミズがいたのを思い出し、もしかして表面に藁があったほうが良いのではと考えたからです。それにしても今年は一面敷き詰めるほどの藁は無く、敷き詰めるのではなく撒き散らしたと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 16:19
たんぼ 麦蒔きの後
稲の裏作としてパン用粉の為の小麦の種を稲刈り前に蒔きました。しかしながらただ蒔いただけでは芽は出そうに有りません。本当ならばこの上に大量の稲わらがかぶさる予定だったのですが、それが出来ないので乾燥してしまい、芽が出ないという状況なのであります。今年はトラクターを使いロータリーで3センチくらいの深さを軽くかき混ぜることにしました。その後もう一度レンゲの種を蒔いておこうと思っています。福岡さん流の下のたんぼはこれで秋の作業はこれで終えまして、12月か1月にお米の籾種を入れた粘土団子を蒔くだけです。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 16:18
たんぼ 稲刈り済みました。
先週のお休みに稲刈りと脱穀まで済ませました。天気予報によると秋雨前線が太平洋側に下りて大陸からの高気圧にしばらくはすっぽりと入り込み晴天となるでしょうと聞き、この週が勝負だと決意し作業に入ったのでしたが、初日の朝から曇り空で刈り始めて30分も経たないうちから霧雨が降り始めたのでした。しっとりと濡れ始め、どうなるかと思いましたが、そのうちにやみ曇り空のしたその日は調子の悪いコンバインで何とか刈り取ることが出来ました。今年からハゼ掛けはしないで刈り取ったらその場所に置いて行く丘干しの方法をしました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 16:17
中古バインダー
我が家で使っているバインダー(稲を刈って紐で縛ってくれる機械)は30年前に買ったもので、結束機の部分が壊れ始めていて、昨年も中々調子よく作業が行かなかった。来週あたりは稲刈りを予定しているので、バインダーを動かせるようにと朝から調子を見てみたところ、どうもタンクからキャブレターまでガソリンが流れて行っていないようだ。手ごわそうなのでクボタの整備の方に来てもらってみてもらうと、昨年ガソリン漏れしていたところへ僕が入れたゴムパッキングが油脂対応性でなかったらしく、それが解けて管に詰まっているとのこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 16:16
自然農法の大切な鍵 自然のマルチ 地表面のあるべき姿
不耕起にすると何が良いのかというと、地表面に草の茎や葉の藁がマルチのように残るということがあげられる。この自然のマルチが乾燥を防いだり、程よい量の質の良い有機質層を作っていると思われる。それからこの高温になり過ぎない、蒸れる事のない自然のマルチはバクテリアや優良菌にも多大な影響を与えているのだろう。だから自然地に生える雑草や木などは中々病気にならないのだろう。 たんぼも畑も藁を地表面に敷き詰めるということが良い作物作りに欠かせる事ができないのだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/05 08:12
大豆畑 4
8月8日に蒔いた大豆は雑草の中でもすくすくと育っている。草を刈ってわらを敷いた所はもちろんだが、雑草の上からただ種を蒔いたところで育った物もほとんど変わらない状態で育っている。大豆は雑草に強いことがわかった。それから肥料がいらないこともわかった。大豆は絶対作るべき作物である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/20 15:55
にんにくの種埋めました。
今年収穫したにんにくを2個分、約10かけを土の中に埋めました。埋めたところは家庭からとお店で出た生ごみパンごみを埋めたところであります。この場所は松本一本ねぎの種を蒔いたところでして、もう1ヶ月ほど経ちますが、一向に芽が出てこなかったのでにんにく畑にしたのでした。我が家はねぎがどうも育たない土地らしいね。苗を買って来て植えても大きくならないでいるから、これからはもっと違うところを探してみようかな。田圃の土手に勝手に生えてくるねんぼろのようなねぎは売っていないのだろうか。そんな野生的なねぎを知って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/20 15:35
田圃に麦とクローバーとレンゲの種を蒔いてきました。
明日から雨になるそうなのでこの休みに稲刈りをするのは見合わせました。稲刈り前に麦を蒔くのですが、10月に入ってからが麦蒔きの時としてはベストかもしれません。しかし、稲刈り前に蒔いといてそれを踏みながら稲刈りをするのが良いとあるので今年は初めてということも有り、本にしたがってみようと思います。教科書によると麦の種の量は1反歩10キロとあります、家の田圃は1.3反なので13キロとなりますが、ネズミなどに食われそうな予感がするので20キロほど蒔きました。小麦の品種はうどん用夢世紀小麦10キロとパン用... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/20 15:24
ぶどう
今年は思い切った選定をしました。収穫はあまり望んではいません。今まで弱ってきていた木を丈夫にする為にもう一年は実をならせずに、クローバーによる土つくりと病気になったり虫にやられている枝を取り除く作業をしようと思っています。それでも少し実がなりましたので、収穫してぶどうパンに使おうと思います。 我が家に勇気君の友達が3人来ています。家の中ばかりの遊びでいつもいるようなので、ぶどう採りを一人120円出すからお手伝いしてくれないかと誘ってみたところ皆行く行くというので30分くらいで約15キロほど収... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/20 15:06
野沢菜
雑草をひっくり返して作った畑地で作っているおなは、順調に大きくはなっていますが、葉に虫の作った穴が目立っています。虫の駆除をしなければ収穫が危ういのかもしれません。バジルと酢を混ぜた物をスプレーしてみようかな、と思ったけど葉っぱの裏を覗いて見たら5ミリほどの青虫がいっぱいいたので手で端からつぶして駆除しました。明日もう一度やって全滅させてしまおうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/20 15:02
大根畑 3
大根は今年も順調に育っております。全部で50本ほど収穫の見込みですが、克子さんが間引きをしているので30位に減るみたいです。雑草も目立ってきていますが、大根の勢いが良いので雑草取りはしないでおいても良いかもしれません。何せずく無しですから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/20 14:59
雑草畑のたまねぎと白菜
種を蒔いてから一週間が過ぎましたが芽の確認は出来ていません。にんじんは出ていましたが、発芽が遅いのかもしれませんね。雨が良く降っているので来週には芽が出てくると思います。芽が出てきてない事を良いことに、今日あたり威勢の良い雑草を刈り取っておこうかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 11:37
雑草畑のにんじん(芽が雑草の根元に出てきました)
先週確認できなかったにんじんの芽は今週確認することが出来ました。大豆の雑草狩り作業に伴い結構知らずに踏みつけたところも有り、ちょっと反省しております。わらや雑草を大豆のマルチにと移動してみるとその下ににんじんの細い芽が結構伸びていました。肥料をしていないのでたまねぎとこのにんじんは収穫まで行き着くことが出来るのだろうかと、まああまり当てにしていないのでこんな事やっている訳ですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 11:30
雑草畑の大豆 (ただ雑草の上から種を撒き散らしただけの物)
こちらの方も周りの雑草の高さと同じですが、あえて周りの雑草を刈り取らず、そのままの状態で何処まで育ってくれるのかを観察したいと思います。周りの雑草は月見草とヒメジオンが80%を占めています。背の高くなる雑草ですが、大豆の種を蒔いた時点で背丈を10センチほどに刈っていることと、もう9月になるのでそんなに高くは伸びてこないと思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 11:17
雑草畑の大豆(種を土の中に蒔いたもの)
先週大豆の葉に白く病気が入っている物が多く、雨続きのせいなのかなと思って心配しましたが、昨日今日と日中日差しが強く照り、今日見た所ではほとんど気にならない状態にまで戻っていました。大豆の背の高さと周りの雑草の背の高さが同じくなったのを機に、雑草を抜き取るのではなく刈り取る作業をしました。刈り取った部分はマルチとして大豆の根元に置きます。これは自然農法では常説となっています。今回はその上に周りに散らばっていたライ麦のわらを敷き詰め、マルチの効果をいっそう高めてきました。自分としてはなるべく労働し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 11:08
大根畑 2
種まきしてから4日目です。大根の芽は昨夜の雨でいっそう大きくなっています。一つの穴に2粒ずつ蒔きましたが、一つしか芽を出さないところも3・4箇所あります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 10:56
野沢菜と松本一本ねぎと日本ほうれん草と緑輝という大根の種を蒔きました。
この休み中にあちらこちらの雑草を刈り取ろうと思っていたのですが、あいにくの雨が多く、家の裏畑のとうもろこしやねぎやにら畑を片付けて、冬野菜の種を蒔きました。いつもだと耕運機を回して行うのですが、かまと鍬で半日かけて片付け作業を行いました。久しぶりに蒸し暑さの中で良い汗をかいたって感じでした。家の裏のこの畑は自然農法というわけには行きません。なぜかって言うと克子さんの思いも入れないといけない場所なのです。雑草も伸ばしほうけには出来ません。 それでもついこんな事やってみたいなと言う思いをこらえ切れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/30 10:46
畑地の作り方
8月25日に実験的に掘り起こした雑草をそのまま逆さまにして元の場所に収める方法で作った畑地の様子です。この2日間曇ってはいても雨が降りませんでした。仕事から帰ってくると水やりをしていたのですが、この方法で作った野沢菜畑の所だけは保水性が良く日中日が当たっていたにもかかわらず、土が湿っています。大根畑は乾燥地帯化しています。くぼ地を作っていたねぎ畑は少しだけ湿っています。大根と野沢菜が芽を出し始めています。草を取り除いて畑地を作ると我が家の猫がトイレに使いますので、所々芽を引っ掻き回されています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/28 20:18
緑揮(りょっき)と言う大根の種蒔きました。
家では毎年この品種の種を蒔いています。生でも煮てもとても甘みのある美味しい大根です。今年も50本ほど作る予定で種まきしました。雑草は根こそぎ取り除き、土の杜と言う完熟堆肥と米糠を少量(米糠を沢山入れると土が腐るので)撒き入れて土とよく混ぜ、畝を立てて即その後種まきをしました。昨年は20センチ間隔で種まきし、上出来でしたが、今年は10センチ間隔にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/25 21:31
野沢菜の種蒔きました。
雑草を鎌で刈り取った後、鍬で雑草のねっこごと掘り返し、根っこの方を下にして出来た穴に戻すというやり方で畑地を作り、そこに種を蒔いてみました。いつもだと根っこも全て取り除き、石灰と肥料などを撒き入れて、耕運機でかき混ぜてから畝を立てるのですが、この方法だと土の中に酸素が入りやすいと思いやってみました。ちなみに石灰も肥料もしていません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/25 21:22
たまねぎと白菜とクローバー
先週種まきしておいたたまねぎと白菜の芽がそれぞれクローバーの芽と一緒に出揃っていた。お互いに共生し合うのか、それともどちらか弱い方が勢いに負けてしまうのかは今のところはわからない。雑草畑のほうではもう少し大きくなって見ないとどうにも確認が出来ない状態である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 17:31
たまねぎと白菜 種まき
昨年は秋にたまねぎの苗を300本買ってきて、黒い穴あきマルチを敷き植えたのですが、今年は有り余っているマルチは使わないで、試しに自然農にこだわってみました。農協からクローバーとレンゲの種が入荷しましたと言う連絡を貰い早速出掛けたのですが、売店に並ぶ種を見ているうちにたまねぎと白菜の種もついでに購入して来たのです。たまねぎは貯蔵性に優れるネオアースというここらではポピュラーな種、白菜は豊秋60というので、JAの種と描いてあるものです。 ジャガイモを収穫した後のそのまま何もしないままのでこぼこの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/18 14:16
たんぼ除草 11
今日も稲刈りでもないのに鎌を持ってたんぼに出かけるのである。すっかりヒエの穂と稲の穂が出てしまっている。1本植えの稲の苗は期待をよそにそのまま分結もせず大きくなって穂を一本だけ曇った空に立てている。周りのひえを鎌で刈り取りガランと綺麗になると田植えをした後のように水面が広く見えなんとも寂しくなってくる。 これから遅ればせながら緑が濃くなってきて少しは良くなってくるのかとかすかな期待をかけていたのだが、今日そのかすかな期待はパーと僕の内から去っていってしまった。 来年は見ていろよ。そう自分に言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/16 19:32
大豆 3
大豆は鳥にもネズミにも食われること無く全部の芽が出た。今のところ雑草の勢いもそんなでなく順調である。大豆は6通り20センチ間隔で全部で114本あった。今日はそのとなりに2通りにんじんの種を筋蒔きした。この辺ではもう一ヶ月遅れかもしれない。 克子さんが「大根蒔く時期だって聞いたけど、うちはもう蒔いた?」「にんじんは今日蒔いたけどまだだよ」大根もにんじんの隣に蒔こうかとも思うが、土地がやせているのでイマイチだろうな、自宅の裏の小さな畑にコンポスターに溜まった堆肥を使って大根畑を作ろうかと思う。昨... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/16 19:23
たんぼ 除草10
もしかしたら今日で除草作業は終了となりそうだ。まだ手に余るほど雑草が有るのにまたどうしてかというと、稲の花が咲き始めたからである。たんぼの緑の8割から9割が自慢ではないがイヌヒエである。鎌で除草するとなんと寂しいことか、やたら殺風景になってしまうではないか。稲にそっくりなヒエも有ると見た目にぎやかで良いのだが、やっぱり稲にとっては辛い。8月に入るまでは色も形もそっくりで見分けが出来ず、通りだけを除草したのだが、8月に入ってヒエの穂が出始めたので、それっとばかりに除草作業を開始したのだが、黄色い葉... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/12 19:56
大豆畑 2
今日タニシを取りに行きがてら大豆畑のチェックを入れてみたところ、順調に芽が出ている。刈った草とライ麦藁の下から双葉の色濃い大豆の芽が出ていた。一週間と三日目だ。 大豆の種類はナカセンナリという種類で中々うまい豆です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/10 23:34
ぶどう畑 8月
僕の住んでいる塩尻市はブドウ栽培とワインの里として結構有名である。と思う。おじいさんの代の時にはタバコを作っていたのでぶどうは10アールほどしか作っていなかった。僕がここに来たときにはすでにタバコ栽培が忙しくて、ぶどう畑までは手が回らずにほったらかして出来たのを収穫するといった風であった。僕としては無農薬栽培ということでひそかに大いにそれも嬉しかったりした。 今ではぶどうの木が7本ほど残っており、6・7年ほど前にうちのほったらかしのぶどう園が害虫の発生源になっているので何とかしてほしいと意見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/10 20:07
大豆畑 1
先週雑草の中に埋めてきた種から根が出てきた物が2割ほどあった。ばら撒いた種から根の出ている物は一つもないようだ。雑草の中にばら撒きその後草を刈り、その上わらをかぶしておいても根は出てこなかった。土の中に埋まるということはとても大切なことだと判った。まだまだ雑草の勢いというのはすさまじい物があるので、この先芽を出し上に伸びてくる大豆たちはこれらの背の高くなる雑草の中で、どう振舞っていくのか大変興味のあるところだ。9月になるとこの辺は急に寒さが厳しくなってくるので、もしかすると春と夏と2回刈られた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/08 21:50
ジャガイモ 収穫
草刈をして一週間が過ぎ、小5の勇気君を連れて朝7時から芋掘りをしに行った。一番大きかったで賞は、勇気君が取り、早く50個掘りま賞では力のある私がいただきました。もちろん景品は何もありません。二種類の芋はそれぞれコンテナに分け、それぞれ30キロずつで60キロほど収穫がありました。それにしても朝8時頃からはやたら日差しが強く照り、3時間の間二人して倒れそうになるくらいでした。 でんぷん質の多いコナフブキはこの土地にはどうも合わないようで、昨年も早や枯れしていたし、今年もそうだった。昨年の取り残し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/08 21:20
ジャガイモ 収穫前
ジャガイモはちまたのまじめにやっている畑ではまだ花盛りだ。家はたんぼで精一杯の体力を使っていたために2週間雑草をほったらかしていた。昨年は一週間毎きちんと土寄せを兼ね雑草を取っていたので見事によくできたのだが、今年はいけません。やはりアカザ畑になっていました。とりあえず草刈をしましたが、何時収穫をしようかと気をもんでいる有様です。黄色く枯れてしまっているのだから、早く収穫するべきでしょうが、何時じかんをつくろうかと、そういうことですわ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/05 21:23
大豆畑 種まき
雑草だらけのブドウ畑でライ麦と大豆とにんじんを作りたいと思っている。8月に入り少し早めではあるが大豆の種を蒔きに行った。というより埋め込みに行った。ご覧の通り80%の雑草はヒメジオンと月見草である。後の20%をアカザとヨモギとツユクサとギシギシ、イノコズチそれから名前の知らないつる植物である。雑草刈り取り前にばら撒いておいた分と刈り取り後に草を掻き分けふかふかの土の中に2粒ずつ約1センチの深さに埋め靴底で踏みつけておいた分とがある。4時頃作業が済んだとき夕立がやってきた。何だか恵みの雨ジャンっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/05 21:15
じゃがいも
2週間ぶりのジャガイモ畑は想像通りアカザ畑になっていた。もう芋掘りをしてしまった方が賢明かもしれない。とにかく草刈機で太く育ったアカザを刈り取りましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/04 20:54
たんぼ 除草9
2週続けてのたんぼの除草作業だ。自分でもそれなりの努力はしたいと思ってはいるが、畑にもう2週行っていない。ジャガイモはどうなっているのだろうか。きっとアカザ畑になってうずもれかれていることだろう。下のたんぼの方は僕が行間を草掻きでやった後克子さんが引き続き株間の雑草を手で取っている。ホームページでの情報から雑草のオモダカは8月中旬頃から病気で枯れてしまうので、稲にとってはそんなに脅威ではないとの事で、それを確かめるために4行ほどそのまま残しておいた。オモダカを刈り取った後はすぐにその後継者とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/08/04 20:37
たんぼ 稲の具合
周りのたんぼは今にも穂をつけそうなくらい緑が濃く大きく育っている。それと比べると一ヶ月遅れの我が家のたんぼはまだ黄色い葉をつけて弱々しく背丈も半分くらいなので収穫できるか心配になってしまうのもうなずける。 上の田んぼは背の低い雑草が一面を覆いつくしている。まだ葉の小さい分結していない稲には地温が上がらない原因になるのでよろしくないかもしれないが、35センチほど伸びている稲には他の雑草を抑えてくれているので良いと思う。共生植物の原理から言うと、背丈の同じ物同志はお互いに競い合ってしまうが、背の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/27 12:52
たんぼ 除草8
今年は毎日除草作業をするのはよそうと考えていた。特に苗が小さくしか育てられなく田植えを迎えてしまった時点で僕の気持ちは半分そう決めていたのだが、やはりよその人の目や言葉を向けられるとこのままほっておく訳にも行かないというわけだ。まあ最大の努力をしようといった前向きの姿勢だけでも見せねばなるまい。 刃の長さが20センチほどの三角形した長い柄の草掻きを使っているが、昨日刃の長さが10センチほどの短い柄の草掻きを買って来た。行間は大きいので、株間は小さいのでと使い分けしたら効率が上がるのではないか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/26 12:07
たまねぎ 収穫
もう一ヶ月ほど前にたまねぎの収穫をしました。やはり石ころだらけの場所だったし、肥料も無い場所だったこともあり、たまねぎは大きく育ちませんでした。市販の物とは比べてはならないくらいです。でもね、カレーライスに丸ごとの小さなたまねぎが入っていると僕は嬉しいのです。 約300個のこの小たまねぎです。今は網の袋に入れて雨に当たらないように屋根つきのコンクリートの上に転がしています。 人間は色によってハイになったりローになったりする。 例えば赤い照明の下では食欲が増すし青い光の下では食欲がなくなっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 20:37
たんぼ 実験 密集栽培はかなっているのか
田んぼに生えるピーピー草、スズメノテッポウとも言うが、あの雑草は実は二種類ある。一つは畑、一つはたんぼである。名前は同じだが種類は明らかに違うそうだ。畑というのは陸地であり、環境条件が始終変わりやすい。雨が降ったり降らなかったり、人に刈られたり抜かれたりと大変安定していない場所で、こういった場所で子孫を残すために彼らは幅広い多様な遺伝子を持った仲間と受粉しなくてはならない。その為に小さな種を沢山作るようになった。一方水田の方は毎年初夏から水が入り、秋の稲の収穫から陸地の生活になりそれを繰り返して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 20:18
たんぼ 実験 7月20日の田植えは本当に駄目か
今日も克子さんの燃えるような執念の除草作業に少しでも答えるべく、午前中2時間あまり草欠きによる除草作業をしてきた。手で一つ一つ抜いては埋めていったのではこの夏中には終わりそうも無いので、この方法に切り替えた。休憩中に克子さんが僕にこういう。お父さんは趣味でたんぼやっているからこれでも良いかもしれないけど、私はこれで収穫が無かったら、来年のお米買わなくちゃならないんだよ。そんなお金ないよ、何とかしなくちゃ困るからね。来年は一枚だけは今まで通りの作り方でやろうよ。僕が理解するに、ちっとも前向きでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 13:55
草刈1
草刈は手鎌ではなく、肩がけの草刈機を使っている。お爺さんが使っていたお古ではあるが中々壊れずに元気に動いている。のこ刃が大きくて重いのが付いてその上刃が欠けていたので最初のころは大変であった。それからビニールひものタイプに変えてやってみたところ作業時間が半分になったが、飛び散る草汁の激しさと、回転を上げて作業をするためにガソリンが3倍使うことになった。それからプラスチック製の歯を使うようにしたが、石や木や竹など障害物の多いところの作業が多いため刃が何枚あっても追いつかない。お金が掛かりすぎるので... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 12:46
ライ麦パン1
収穫後ライ麦パンを作った。液だねで軽く混ぜ合わせ、そのまま12時間ほど一時発酵させ、次の日に本練をし、一時間ほど寝かし型につめて一時間10分くらい焼いてみた。焼きたてはカチンコチンでとても切れる物ではない、袋に入れて次の日に切って売りました。 味ですかぁ?、そりゃもちろん手間かけて愛情かけて作ってますから美味しいに決まっています。 パントリーマルナカにもライ麦を使ってもらいたく、ライ麦全粒粉とライ麦パンを渡してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/19 12:23
ライ麦 全粒粉の販売1
今年のライ麦の収穫はか細く営業しているわがきんぴらでは一年かけても使い切れない量の収穫があった。米つくりのために来年からは裏作として麦を作るので、これから先麦は過剰になってしまうのは眼に見えている。そこで麦を粒でと製粉したのと売ることにした。出来れば無農薬無肥料の自然農で作るのだから、本当にその事を分かって使ってもらえる人に売りたいと思う。 お店で個人売りの場合500g350円売りですが、卸は10キロ単位で3500円売りです。 きんぴら農園のライ麦が欲しいかたは是非連絡を下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/17 19:31
たんぼ 除草7
今日は木曜日、良いお天気だ。克子さんは洗濯が済むと朝から除草作業をしに行って。僕は塩尻中学校の生徒が4名職場体験に来るというので、その準備のため朝からパン工場に出掛けた。3時に職場体験も終わり生活クラブの牛乳を取りに西福寺にカブで出掛けた。途中に家のたんぼがあるので様子を見によってみると、克子さんが一人雑草取りに奮闘していた。4時からヘルパーに出掛けるからあと少しで上がるよ。この間友達と話したがほんとに朝から一日腰を曲げてやり続けても、こちらから向こうへ行っただけといったふうで、一時間で5メー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/14 20:34
たんぼ 除草6
3週間前に草欠きで除草したたんぼを見てくださいな。草の種類は が主で今は白い花があちらこちらと咲き始めている。一つ黄色くなり始めている稲を抜いてみると雑草よりもていこうなくぬけてきてしまった。根が5センチくらいしか伸びていないし細かいひげ根が沢山無いのだ。原因は田植え後すぐから深水にしていたことが考えられる。地温が上がらず根が伸びなかった。雑草対策のつもりでやっていることが、実は稲には過酷過ぎたのだ。もっと苗の時点で大きかったら違っていたのだろう。イネ科の雑草はこんな条件でもしっかり育つ遺伝子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/13 17:55
ライ麦 片付け
ライ麦の収穫が終わった後の畑にはわら束が沢山ある。これをブドウ畑に運び一面に広げて雑草対策と土つくりに生かそうと思う。田圃つくりと畑作りは全く同じであるという本にあることばをじっこうするわけだ。たんぼと同じように10月に入ったらクローバーと麦の種をばら撒いて5月に刈り取り、野菜の種をを蒔き刈り取った麦わらを又その上に敷き詰める、これを毎年繰り返していくのだ。除草も肥料もやらないで何処まで作物が出来てくるのか楽しみである。もちろん3年4年先になるのだろうけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/13 17:38
たんぼ 除草5
上の田んぼはいちお草かきで一度やったが、今眺めてみてもさほど効果があったのかどうか考えてしまう有様だ。今年は苗で失敗してしまったので80%はだめという答えが出てしまっている。上の田んぼに続いて草欠きを手に頑張ってみても見えてくる物は同じだろう。僕はもう除草に体力を使うのはよそうと思っているのだが、相棒の克子さんが今年地区の役員をしており、いろいろと心配してか家のたんぼの話題が出るようである。彼女としては恥ずかしいのでほっとくということにとても抵抗があるということで手で確実に除去する除草をしよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/13 17:29
ライ麦 乾燥
ハゼ掛けしたほうの脱穀済みの麦は袋に入れたままではカビが出始めた。雨が降るので広げて表に出せないでいる。仕方が無いので広げるだけでも違うだろうと、土蔵の軒下にシートをひいて広げておいた。やっぱり違った、夕方触ったらずいぶんとさらさらになってきていた。今日は午後になって日がさしてきたので日の当たるところに広げた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/12 22:06
たんぼ 除草4
ここのところの雨でたんぼの水のことよりもライ麦のことで手一杯だった。今たんぼはどうなってんだろうか。いちお今年の反省会は一人で勝手に終わってしまっていて、結論は後は自然に任せ、出来た分だけありがたくいただきあしょうって事になっている。除草作業で体を酷使することはやめたのだ。本業に影響がありすぎるからだ。そして今年の10月半ばから、来年の稲つくりのための作業が始まる。そのために背の低い原種に近いコシヒカリの種を取り寄せることにした。クローバーとレンゲと、パン用の小麦粉の種も北海道から取り寄せるつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/12 16:14
ライ麦 刈り取り6
夕立が毎日あり濡れては乾き濡れては乾きで中々脱穀に気が進まない。ハゼ掛けと下に置くとの乾きの違いはやはり大きいと思った。刈り取ってそのまま下に置いたのは縛ってないという事がとても早く乾くことにつながる。束ねて縛ることにより乾いた空気に触れる部分が少なくなり、切り口を上に向けハゼ棒に掛けることで、切り口から雨水を入れ込むことにもなる。又いったん濡れると乾きずらい事がわかった。苦労してハゼ掛けをすることは無いと確信しちゃったのだ。たんぼでの場合は又違ってくるだろう。下の状態が水が溜まるようなところ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/08 20:59
ライ麦 刈り取り5
今日でこの休みは終わり午後4時からはパンの仕込みの仕事をしなければならない。朝から青空が広がっている。午後から雨の確率が高くなり又夕立が来るかもしれない。今日はハゼ掛けしたものから脱穀をしてしまおうと思っている。どうしても今週けりをつけてしまいたいのだ。火曜日に刈って下においたのは持ち上げてみると随分と軽くなっている。毎日雨にあっているのにちゃんと乾燥しているものだ。このまま日がさしてくれていれば今朝刈ったのも夕方近くには脱穀も出来そうですね。ハゼに掛けたのよりも軽いようである。切り口を上にし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/07 10:22
ライ麦 刈り取り4
昨夜の雨で下に敷かれた麦は重いかと思ったら案外軽かった。午前中はこれを麻紐で縛って稲用の畦掛けを作って掛ける仕事で半日終わった。午後は天気予報で夕立が来るというのでそれまでに乾いた麦を刈り取ろうと思っていたが、昼飯を食べに家に帰っているうちにゴロゴロと来てしまった。克子さんと慌てて半が乾きの洗濯物を取り入れるしまつだ。 手刈りだから片手で一握りを4回繰り返し一束とした。それが午前中144束ハゼに掛けたのです。昨日刈った分だから今日の午後全部刈れたとしたらあと170くらいは出来そうだ。まあ少な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/06 13:12
たんぼ 粘土団子はどう作る
もう来年の稲つくりをどうするべきかといろいろと調べ始めている。福岡さんの籾種入りの粘土団子はどう作ったら良いのか分からなかった。わら一本の革命にはその事が書いてないかなと図書館へいってみた。早速見てみると1反10キロの種籾を粘土でよく練り混ぜて、大きな金網に通して分割して直径1センチほどに丸めるというものだった。どのくらいの粘土の量に10キロの種を混ぜるのだろうか。書いてないということはいい加減で大丈夫ということだろうか。 種は今のコシヒカリで大丈夫なのだろうか。原種に近い物でないと駄目なんじ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/06 08:05
ライ麦 刈り取り3
刈り取った麦の根元には2.4.1と全部で七つの黒い点を持つ天道虫が沢山いた。おてんとうさんを拝みながらきょうはここまででおしまいだ。明日朝から又頑張ろう。 夜になって屋根に雨が当たる音が部屋に響いた。今年は天気が中々晴れに戻らない。やはりはぜ掛けをしようかと思う。 今日手に鎌を持って麦刈りをしながら来年の田んぼの稲刈りをどうしたものかと考える。どうしてかというと、ばら撒きで種籾を蒔くからだ。コンバインは持っていないし、稲刈りバインダーも駄目だから手刈りしかないよね。その時は一人じゃやだなぁ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/05 22:30
ライ麦 刈り取り2
福岡さんの刈り取り後の乾燥ははぜに掛けない様だ。下にそのまま置いて3日したら脱穀をすると本に書いてある。なるべく楽をしたい僕はそれを習って手で刈った麦を下に置いていった。3日間雨が降らないことを祈った。空は曇り空だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/05 21:53
ライ麦 刈り取り、1
刈り取りは稲刈り用のバインダーでするつもりで約40センチ幅の筋蒔きにしておいた。ざっと見た感じいけると思っていたが、やってみると思うようには行かなかった。長すぎるので刈ってない物と絡んでしまう。種を筋蒔きしておいたが風で外れたものや雨で流されたものが育っていて、バインダーが走らない。悪戦苦闘の末手刈りに変えた。一日で終わらす予定が一日で2・5畝約半分しか刈り取れなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/05 21:40
果樹 自然農業にこだわってみようかな
稲を自然耕にすることを決めてから、気になっていた福岡正信さんの本を店の本棚から引っ張り出して始めて読んでみた。知ってはいたが読んではいなかった。誰かが言っていたのだった。四国のあの場所だから出来るのであって、信州ではあのやり方は出来ないと。だから一度も見ようともしなかったのだが、自分でたんぼをやり始めてみてやはり自分でその結論を出さなければならないと思ったのです。今年の秋からやってみますが、本の中に剪定は必要かということが書かれているのです。植物全て自分が育ちやすいように枝や葉を出して育っている... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/03 20:09
たんぼ 根だし作業は必要か
今年のたんぼはもう見切ってしまった。今までの行いとこれからの事を思ってどうしてもうまくやらなければならない事は良い苗を作ることにやはり尽きるのかもしれない。自然耕をやるにしてもやはり苗をしっかりしておかないと上手くはいかない気がする。今年の苗が小さかった原因は根だし作業が遅れたことに始まる。根だし作業を抜きにしてその分掛かる時間を先送りして種まきしたらどうかと素人の僕は考えてしまう。来年はそれでいってみようと思う。パン作りもレシピ通りではなく、無くしても良いことは無くし、なるべく簡単でシンプルで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/01 20:46
たんぼ もう反省してます.。そして来年は。
パン屋のお休みにはほとんどたんぼに行って除草作業をしています。あまりの雑草の多さと稲の発育の悪さに今年は正直参っています。もともと回りのたんぼと比べてたんぼ作りをする気はないので昨年の自分のたんぼとの比較で参っているのです。昨年と同じ事をしていないのでこういうこともあるのでしょうが、来年はこうしようということをすでに決めています。自然農法には色んな方法やり方があるわけです。毎年順番にやってみて一番自分のたんぼにあったやり方を見つけようというわけです。来年は自然耕というやり方をしようと思います。刈... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/30 08:28
竹やぶ
3年ほど前に家の裏にあった300坪ほどの竹やぶを業者の手を借りてほんの少しだけ残し荒地にいたしました。荒地には今桐の木が二本とあちらこちらに山菜で有名なタラの木が出て育っています。広い平らな土地ではないし、大きな切り株や抜根されずに残っている竹の根があり、畑には使えそうもありません。そこでこの場所に果樹を植えて育てようと今年、桃の木と、栗の木とプラムの木を植えました。来年はりんごの木ももう一本挿し木で育て植えようかと思っています。 竹は真竹という種類で、ざるなどを作るのに適しています。どなた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/22 09:54

トップへ | みんなの「自然農業」ブログ

きんぴら工房自然農園長生活日記 自然農業のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる