アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「物作り」のブログ記事

みんなの「物作り」ブログ


お店の図書室を小さくしてます。

2017/05/08 21:13
開店当初から2年おきに増築を繰り返してきたお店ですが、今年宅地の境界チェックをしたところずいぶんはみ出している部分が有ることが判りました。
個展や読書スペースとして作った部分ですが、壊してしまうことにしました。

画像


この建物自体湿度の高い森の中という条件でもあり、築32年で床下の換気も出来ないような構造でして、後数年経ったら問題点があらわになってくるのでないかと想像しています。

壊した所の部材は畑に持ち込んで夜の露天、麺屋台を作る材料にしようと考えています。

画像

画像


外壁の板を外したらスズメバチの巣が出てきました。
今日は壊してしまうところと残すところの境にドアと壁を作ることをしました。

自宅から持ってきた使わない古材柱を手鋸で切ります。

画像



壁とドアは当然壊す部分の所から外して付けている訳です。

画像



これで後は余分なところを壊して撤去していけば良いのですが、その前に電球や電気の配線をかたづけないといけません。


画像


画像


今日は配線まで片付けましたが、後はテーブルや薪ストーブそれから窓などを片付けてから屋根から壊していくつもりです。
一気にやってしまおうと思っていましたが、一人で作ったときのことを思い浮かべながら又壊すのも良いかもしれませんね。
たまにコーヒーでも入れて飲みながらやっていこうと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どうしても貧乏性。

2016/02/15 21:07
先日お気に入りで長く使っていた革ジャンの脇の下が大きく開いてしまった。
荷物を持って運んだ時にどこかくぎの頭みたいな所へ引っかけて裂けてしまったようだ。
一昨年だったかファスナーが壊れたので7000円も掛けて直した革ジャンだった。

他にもサイズの大きな革ジャンを持っているのでそれを着れば良いから今回ばかりは捨てようと思ったのだが、直せば着れないことはまだ無いか・・・
貧乏性が手を振って目の前に出てきてしまったというわけだ。

画像

画像


手縫いでとにかくくっつけてみたら・・・目立たなくなった。
他も所々確認してみると小さな穴と裏地がほつれていたりと結構修理が必要だった。

画像

画像


ここも直せばあと2年は大丈夫かなぁ。
こたつにあたりながら1時間くらいで修理完了。

こないだ長いこと使わなかったプロテクターの入ったバイクジャケットをリサイクルやへ持っていったのです。
新品で買うと2万ほどすると思うのだけれど、まだ新品同様だったのでせめて1000円位でと思っていたらなんと100円だと。
使わないものを持っていてもしょうが無いのだけれども、100円はショックだった。

今年はリサイクル屋じゃなくてフリーマーケットを大いに利用しようと思ったのだった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自宅周りの片付け整理作業はまだ続きます。

2015/04/01 15:23
森の雪解けが始まって森へ続く道雪も溶けて3月末から森作業の再開です。
お墓の上のクルミの木も泉の上まで枝を伸ばし始めており、今年は不要木伐採も課題となっています。
きのこ栽培のホダ木も今年は欲しくて上の山での作業をしています。

毎年の事ながら竹林の整理もしたいところなのですが、きのこのホダ木を取ってきた際に貴重な栗の木も1本倒してきて薪材となっていた物を使って急遽花壇の柵作りをしました。

画像


栗の木は皮をむいてそのまま雨ざらしにしておいても10年以上は腐らずに持つ木です。
薪材として玉切りしてあるので45センチの長さになっています。
昔丸太小屋を作る時に使った皮むき機を出してきて皮むき作業からです。

それにしても今日は雨が70%の確率で朝から降ると言っていたのに降りません。
そんな事だろうとは思っていましたが、麦のことを考えると今回はとても残念です。

画像


花壇と道の境数カ所にツルハシを使って穴を掘ります。
この場所は石が沢山あってツルハシでないと穴が掘れません。

画像


柱の上部にロープを通す穴を空けてから深さ10センチくらい埋めて立てた後、もう使わなくなっている古いロープを通してできあがりです。
ロープの端っこは結んでおくだけです。

午前中の早い時間にこの作業は終えて10時過ぎからは森作業で少々身体が強張って痛くなっているので整骨院へ行ってきました。

午後からはしっかりデスクワークのつもりでいたのですが、雨が降りません。
と、なるとどうしてもやり終えることのない外仕事をするということになります。

昨年から自家野菜だけは自宅の裏庭で作ることにしましたので、畑の整備も気になっていました。
特に石拾いです。
鍬やスコップは使えません。
殆どまんのうという爪状の鍬での作業となっていました。

画像


画像


1メートル四方の広さで深さ10センチほどの土をまんのうで耕した後スコッブでさらいます。
苗を買った時に貰ってきた苗箱ケースに入れてふるうと、収穫箱7割の石が取れます。
重いので引きずって動かします。

画像


画像


畑から取り出した石は道のへこみや物干し場のしたに敷き詰めています。


昨日のことです。
実家の父(とおちゃん)が亡くなる少し前にもらってきた盆栽がありました。
なかなか手入れが出来ないので、直に土に植えていたのですが、パンの仕事を息子が中心となってやってくれているので、農事や林業も忙しいのですが、盆栽もちゃんと引き継ごうかと鉢に戻してみました。

画像


土の中では根がだいぶ広がってしまっていたのでノコギリで切ったりはさみで切って鉢におさまるようにしました。
コケは坪庭に行って地面から剥がして調達しました。
アルミの針金は太い物があったのでそれを使います。
しかし何とも形にならない…難しい。
剪定ばさみで適当に要らなそうな枝を切り始めたのは良いけれども、すっかすかになってしまいそうだ。
もうなってるかも。

水やり毎日たっぷり。
いやいや、表面が乾いたらたっぷりだな。


追記
3時にいったん休憩したのですが、待望の雨が降りませんね。
またまた作業に入ります。

表の庭で要らないと言われているテッセンの移植です。
ナンテンと椿の狭い空間から蔓を伸ばして巻き付いて困っていました。
これは植えた物ではなくて、勝手に自生し始めた物です。

裏庭に薪置き場に使っていた鋼材を置いて根元に移植しました。

ついでにユキヤナギも要らないというのでこれはは農園の道路沿いに移植します。
根分けを丁寧にしてみたら小さいながら13株くらい取れました。
バケツに水を入れて畑に出掛けてみたらちょうど中村さんと出会いました。
「気晴らしに植えに来た」と言って多くのポット苗を持ってきていました。
そういう理由で農事を行うのも有りだと思いました。

すごい砂混じりの強風の中での作業でした。
こういう時にはさっさと動きます。

午後見えていた隙間の青空はしっかり無くなり、雲空一面になってきました。
 これからでも良いから雨降ってよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ちょっと前のことです。ずきん?を作ってみました。

2014/12/09 19:17
画像


画像


昨年リサイクルショップで購入した柄シャツでしたが、サイズが小さくて少々難儀しておりました。
最近またリサイクルショップに出かけた時にシャツを2着購入したので処分することにしたのです。
機械いじりが多いのでボロ布として使おうかと思ったのですが、割と気に行った柄でしたので手ぬぐいがわりにかぶれないものかと切りましたが少し長さが足りず、頭に縛る紐をつけて使えないものかと創作してみたのであります。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ミシンを購入することにしました。

2014/10/23 18:51
店長は友人宅で雨水で濡れてしまったというミシンを数年前に頂き、自分で分解出来るところは分解して磨きを掛けて油を注して今現在使っているのであります。
トラブルは一度も無く普通に使っていたのでありますが、友人に作ってもらったシャツの両肘部分が薄くなってしまいついに穴が開いてしまったのです。
気に入っていただけに何とか目立たぬように裏から生地を当てて縫おうと挑戦したものの縫い針が細い袖部分に届かないのでありました。
克子さんに聞いてみるとそれならアームミシンでないと縫えないねと言われたのであります。
アームって腕だよね。
腕のように細い縫い台のようです。
ネットで探してみると2万円以下で購入出来るようです。

先日県の森で行われてクラフトピクニックで真っ黒いどっしりとした手動式ミシンを見ました。
革製品を作っている物でした。
暫く見とれてしまったのですが、あれはアームミシンでした。

皮も縫えるアームミシン

ほしいなぁ


あれからネットでそれと同じ物がないかと探してみたのですが、無いのです。
そんな時に工業用ミシンの中古を個人で改造して手動ミシンにしたというのがオークションに出ていました。
残念ですがアームミシンではないのです。
しかし、皮が縫えるという物なのでバイク用シートの張り替えをする時に使えるし、使わないで持っている皮のつなぎやジャンバーを分解して革のバックを作ることも出来るじゃないか・・・・

今まで手縫いでバイクシートの張り替えを4回もしていて、今度はクラブマンのシート張り替えをする予定でいるので、思い切って1万円でレザーの縫えるミシンを購入しようと思っているのです。

道具袋や買い物バックを作ってみようかな。
先ずは図書館で使えそうな本を探してみようかな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


時季外れの物干し竿作り。

2014/09/06 22:51
竹を切るのはやはり11月に入らないとな、と思ってはいたものの、この所のお天気は非常に良くなく・・・・そう、洗濯物が乾いたかと思うと夕暮れ近くの雨にやられては又湿ってしまったりするのでした。

そこで先日軒下に物干し竿をつるすことにしたのですが、この時期に竹を切ってつるしても腐りやカビがきてしまって強度も弱くなり直ぐに使えなくなってしまうのです。
水分を一番含まない時期に竹は切らないと行けません。

が、
必要に迫られて切りました。

画像


画像


少し効果があるかなと乾燥を早める為にドリルで小さな穴を開けてみました。
けちなので伏し間に1つしか開けません。

さて、半と出るか丁と出るか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝日村で行われたあさひでぃーに行ってきました。

2014/09/06 18:04
きんぴらぱん屋はイベントに良く出店していますが、お客として自由に闊歩して楽しむと言うことは殆ど無く、午前中のパン焼き作業と配達や配送作業を済ませ、午後の店番を息子と後退してもらって2時半にやっとお店から解放されそのイベントを楽しみに出掛けることが出来ました。

イベントを企画進行の中心となっている山田さんは夜のマーケットで手作りロケットストーブを持ってきて作り方の説明をしてくれた人でした。
今日はストーブの作り方を教えているのかと思いきや、かき氷器を使ってかききゅうりやをやっておりました。
削り機の下にレタスの皿を敷いてそこへきゅうりの輪切りをしゃっしゃと削り落としていくのであります。
シロップの代わりに2種類のドレッシングを掛けて頂くというものでした。
楽しいアイデアに脱帽であります。
出来上がったきゅうりサラダにはポテトサラダと紫キャベツの千切りとトマトがアクセントにのっかりまして色合いもすてきになりました。
それを更に竹を切って出来たお皿に移して頂くわけです。
食べ終わったら近くの炊事場へ持って行きさっと洗って返すというシステムです。

気になっていたソーラークッカーも出店しておりました。
主婦の方が考案したという発泡スチロールの空き箱を利用したというのはなかなか良い物でした。
これは店長も作ってみたいと思ったものです。

さて、長いこと作りたくても作る機会が無かった藁縄で作る鍋敷き。
先生はお友達の大林さんです。

画像


1時間ほどでご覧のような鍋敷きを作ることが出来ました。
初めてなので太さが一定でなかったりと苦作品ですが、作り方はマスターしたのでこの暮れのしめ縄作りの時にもう一個作ってみようと思います。

来年は露天風呂屋で出店してみたいイベントでした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中村鹿林さんのイギリス刺繍の個展を観に行ってきました。

2014/09/02 20:34
鹿林さんは友達の3人娘の一番下の子。
最後にあった覚えは相当昔でまだ小学校前の時とオイラは記憶している。
皆かわいい娘に変貌しているだろうと、個展作品よりもその人に会いに行ったものだった。

画像


物語性のある楽しい画を刺繍している作品が並んでいた。
画は皆自分で想像して描くそうだ。
きっと楽しい作業なんだろうなとうらやましい気分になる。

そろそろ画の時間を持ちたい気分なのだが、農事は終わりが見えない。

さて、鹿林さんであるが、やはり美人になっていた。
お姉さんの森さんにも会えた。
やはり間違いなく美人だった。

個展は飯田市上郷黒田にあるアート ハウスで9月2日まで行われていた。
次は大鹿村で2人展、9月20日から28日まで木工体験施設(電話0265−39−2616)で行われる予定だ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


捨てられない作業ズボン、復活。

2014/09/02 20:15
先日ガレージの二階へ上る階段の下に出来たスズメ蜂の退治をしたので、やっと2階の作業部屋へ行くことが出来るようになった。

そんなわけで両膝に穴が空いてしまっていた作業ズボンにミシンで継ぎを当てる作業をした。

画像


裏側に捨てられたジーパンの生地を四角く切って縫い付けた。
左側の膝は表の様子が見れますが、きれいなもんですね。
ミシンはすごい。

リサイクル屋で見つけて買ったのでサイズが多少あっていない。
しかしこの迷彩ズボンは汚れが目だたなくて気に入っていた。
だいぶ膝の生地が薄くなってきたな・・と思ってたら直ぐ破れ始めたというわけだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


調理に使えるへら作りも試作しています。

2014/02/21 11:45
この数日暇に任せてというと語弊が多少あるが、時間をもてあますのも嫌なので自宅にいても出来ることをやろうかと思い薪を使ってへらを作り出した。
以前からへらには理想とする思いがあったので自分で作ってみたくてしょうがなかった。

画像


今燃やしている薪は当然松食い虫に将来やられるだろうと赤松を中心に伐採しているので赤松ばかりである。
たまにその中にコナラと栗と桜とクルミが入っている。

画像


画像


手斧や鉈で小割りしてからかんなを掛けて薄い板にします。
後はのみを使って形を整えていきますが、先日まで使っていたのはどうやらクルミの木だったらしく割と柔らかで繊維にもクセがなく形も整えやすかったのです。

画像


所が今日チャレンジしたコナラの木は薄い板状にまでしてものみで小割り出来ないほど繊維がしっかり絡み合っていて、刃が容易に立たないのです。ノコギリ加工で攻めるのが一番良いのかもしれませんが、この波のようにうねって通っている繊維に沿って形を作れば一番丈夫な物が出来るような気がします。

と思って作ったのが細長い棒状細ベラです。
何だか流木で作ったようになりました。
流木って結構丈夫なのかもしれませんね。

画像


画像は今日までに作ったへら達です。
右側から順にできあがってきました。

1 味噌ベラ(しゃもじの中型板) 
2 ジャムや蜂蜜バター用へら 2つ (冷蔵庫から出たばっかりの固い物まで塗れるように強度があります) 
3 棒状細ベラ (先がナイフ状と平との両使いが出来ます)
4 かき回しへら(シンプルな形なので使い方は特定出来ません。クルミは柔らかめの木なので固い黒糖や塩を砕く  のには使えませんが煮物やカレーや炒め物に使えそうです)
5 2番と同じ小型へら (固い丈夫なナラ材を使ったので長持ち抜群かと思います)

またいつか色んな人が使ってみての使い勝手を載せられればと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
味噌作りも近くなってきましたのでしゃもじ作ってみました。
味噌作りも近くなってきましたのでしゃもじ作ってみました。 28日は常連の人を加えて今年も味噌作りをする予定でいます。 この大雪でその時に無事行えるのかは判りませんが、仕事も出来ない有様なので家でこつこつ出来ることをと思った所、ご飯用のしゃもじで味噌をかき回しているのが結構不便を感じていたので味噌用しゃもじを作ることにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/19 11:17
今年はガレージでしめ縄作りをしていますよ。
今年はガレージでしめ縄作りをしていますよ。 先日より取りかかったロケットストーブはロケットと言うには余りにも効率の良くないことを実感してしまったので、お手製缶コンロとでも言おうかと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/27 17:54
やっとロケットストーブに着手し始めました。
やっとロケットストーブに着手し始めました。 材料はこんなもんで良いかと思って始めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/24 17:58

トップへ | みんなの「物作り」ブログ

きんぴら工房自然農園長生活日記 物作りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる