きんぴら工房自然農園長生活日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 生き物は皆食べ物となって繋がり合っている。食い物に毒を付けて食べるのは現代人だけかも。

<<   作成日時 : 2016/02/19 18:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


農薬を一切使わないで作物を作り始めて10年近くになる。
今年の冬休みに図書館で目にした農薬の本を借りてきて読んでみた。
活字を目で追う作業は昔から苦手である。
半分も読んでないうちに返品日がやって来て返すことになったが、もう一度借りて読むことはしなかった。
内容が面白くなかった訳ではない。
本を読む事よりも外仕事が好きだからだ。

その本から教わったことは農薬とは元々植物が持つ自衛の為の毒物であると言うことと、その毒物を持たずまた栄養価の高い植物、いわゆる野菜と言われる物が人の手によって長い年月を掛けて作られてきたと言うことだった。

農薬を身体の中に持たない野菜は人にも食べやすいと共に昆虫や微生物にとっても食べやすいと言うことで、ましてや化学肥料で作られたものは栄養価が一層高く繁殖を目的にしている生き物にとっては最高の食材や住処になるということだった。

農薬を持たない野菜に人以外の生き物から守るために化学農薬を掛けて食す現実は現代社会の矛盾としか言いようがない・・そう思う。これは経済的な事を優先するが為に添加物同様にしょうが無い事項となっているが、やはりおかしい。


栄養過多の野菜作りはどうしても農薬散布という流に傾くという話だが、もう一つ農薬に頼ってしまう理由が書かれていた。
モンゴルだったかキルギスだったか大陸の草原で10メートル四方の広さの中、昆虫の数と種類を調べた後、そこに麦畑を作ったそうだ、200種類、数も300と多かった昆虫は半数近くに減り種類はほんの17種類ほどになり、その数の90%近くが1種類になってしまったそうだ。多種多様の植生の中では一種類の昆虫だけが偏ってに繁殖することは無いが、偏った環境になるとその環境に対応出来る生き物だけとなり、それが大量発生の原因に繋がるという事だ。
松食い虫の害も松ばかりの所で発生しているという訳だ。
山全体を一種の植生で植林してしまうやり方は農薬で自然環境を汚染させないためにもこれからは改めていきたいものだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生き物は皆食べ物となって繋がり合っている。食い物に毒を付けて食べるのは現代人だけかも。 きんぴら工房自然農園長生活日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる